オージスノーブッシュ

いっちょ前に名前にオージと名乗る
冬の間もずっと花を咲かせてました

Img_9573
最近ちょっとちがった花芽が?
咲いてビックリ
これ何?
突然変異?

と最初は思った
Img_9574
よう見たらカモミールの花です
こぼれ種です

Img_9575
ほらしっかり伸びてます
あちらこちらの鉢にカモミールの芽が出てます
この子も繁殖力強いです

オージスノーブッシュが一面に咲いていたら
雪のように見えるでしょうね

| | コメント (0)

復活

Img_9571
リビングから玄関に追いやったパキラ
玄関は寒かったようです…
気が付いてリビングに戻したが…
葉が全部落ちた

強いからねこの子
大丈夫と思っていた
大丈夫だ!
復活

Img_9570
幹に新芽があらわれた(^_^)v
「すごい!」
復活やぁ(^_^)v

| | コメント (2)

桜咲く

Img_9569
庭の桜やっと花が咲きました
実ができる桜なのですが
一度実見たことがありません…

花が見られたからいいか(*^-^*)

| | コメント (4)

百年目

落語に「百年目」という演目があります

Img_9561
桂南天さんの独演会行ってきました
南天さんは桂南光さんの唯一のお弟子さんです
前座をとつとめた桂天吾くんは南天さんの唯一のお弟子さんです
「手水まわし」は何回も訊いたことがある演目です
天吾くん(若いです君です)うまかったです

「百年目」の演目をすることをラジオで言っていました
南光さんの師匠米朝さんの持ちネタらしいです
番頭さんが丁稚に小言を言う
そこもミソかも…
(´艸`*)フフフ
小言は眠くなりますちょっとこっくりしてました
落語の語りはリズムがよく時には子守歌になりますzzzzz
大旦那さんが番頭さんに小言をいうシーンもあります
そこも眠気がzzzzz

「百年目」というのは、100年という物理的な時間の長さを指すだけではなく
長期間に一度しかおこらないようなめったにない好機という意味を持つ成語でもある。 

真面目だと思われていた番頭さんお花見で羽目を外したところで大旦那と鉢合せする
それが落ちになる「百年目」です
番頭さんは大旦那さんに向かって「お久しぶりでございます」と言ってしまった
大旦那さんは「どうしてそんなことを言った」と訊くと
番頭さんは(これは百年目だと考えた)とつい「お久しぶりで…」となったと

仇を討つとき
「ここであったは百年目」というよね

1時間弱の長い演目でした👏

最後の『替り日』
は最初から酔っ払いの南天さん
めっちゃ上手酔っ払い
笑った笑った
お客さん全員笑いに包まれた(*^-^*)

| | コメント (2)

プロテア

我が家の女王プロテア咲きました

Img_9477

Img_9507

Img_9560
もう少し開きます

花粉なのか風邪なのか…
鼻水がすごいです…

| | コメント (2)

«大坂市中央公会堂