正倉院展に行く

毎年行きたいと思うのだが2週間と言う期間はあっという間に経ってしまう。
今年は時間があいた、体も元気だ。友も行けると言う。

いつも日曜美術館の「正倉院展」を見て行ったつもりにしていた。

今年は予習として番組を見る。
「平螺鈿背八角鏡」
日曜美術館では割れて明治時代に修理をした。修理箇所を指摘してくれていた。
修理の箇所も違いもわからない程美しい。琥珀の赤が透明感を感じる。
1300年経ってもこの美しさ、1300年前の煌びやかさはどんなものだろう
煌びやかの鏡で見る顔は美しさを増すのか?劣るのか?

玳瑁螺鈿八角箱
日曜美術館でも大きく取り扱われていた。
螺鈿細工、玳瑁をくり抜く様子を再現してくれていた。
テレビで見るものよりも大きい。細工は細かく素晴らしい。
玳瑁、亀の鼈甲が美しい。
すべてものがこの世の中でより優れたものであろう。
混んでいなければ1日中見ていたい。
沈香木画箱
日曜美術館で箱の説明を細かくしていた。
それぞれの箇所を大写しにしてくれていた。
箱そのものは小さいものではないが細工の箇所は細かく肉眼では見えない。
肉眼で見えないものを細工することはものすごい技術力である。
職人さんは楽しみながら作ったのだろうか?いや苦痛も伴ったのではないか?
1300年前、香りをともなった木の美しい箱は神そのもののようだと思う。

犀角如意
日曜美術館にて頭部の部分はその時代のものだが下部は明治時代に作られたもの
資料もなにもなく再現したと言っていた(と思う)
頭部も下部も違和感がなく。見事な如意である。
犀角も象牙も木画も素晴らしい。真珠、水晶の宝石を再度見たいと思ったが
列に戻ることができなかった…

経典の写経の文字は美しさを超えて魂がそこに宿っている。
今まで文字にそれほど興味をもっていなかったが惹きつけられたのは
1300年前の文字だからなのか。不思議な気持ちさせられる。

布の展示
麻布の袋、紐等々、1300年前の姿のまま展示されている。
正倉院が優れている倉庫であるとしてもよくぞ生き抜いたと思う。
布に墨で書かれた年号や説明がはっきりと残っている。
そこに感動する。
私たちも作品に白い布をはり、氏名を書いて出品する。
1300年前と同じ行為をしている自分に1300年前と同じ人間を感じる。

1300年前の技術は一つ一つが現在より丁寧だと思う。
ものを作ると言う技術は1300年前より劣っているのではないか。
機器が発達し、人間の手が劣るのは仕方ないことかもしれないが
それと伴い、人間も劣ってしまっているのかもと思う。

自分が生きている間に1300年前の美しいものにあえると言うことは幸せも感じる。

45638228_1834516916660848_792757793

大正11年、曝涼(虫干し)で、許可を得て正倉院を拝観し
この歌を詠んだと説明されていました。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3か月ぶり。

スポーツジムをお休みして3ヶ月
8月は孫たちと遊んだ。
帰った後行けるかなぁとお休みにはしなかった。
が無理・・・だった。

9月になった。
体調悪し、体の調子と言うか脚が痛い。
歩けない…
寝ている時、安静にしている時は痛みは伴わない
歩くとかなり痛い
9月のジムはあきらめた。
そして数年通っていたヨガもやめる。
開脚、屈伸、脚に力入れる(体を支える)などはよくないように思う。
10月
9月初旬に休暇届を出すことが必要
10月は休むと決めた。

果たして11月
木曜日はジムはお休みなので2日からスタート
まずはプールで地道に脚を鍛える
水中ウォーキング
何も運動していないが食欲はある、体重は計らないのでわからないが
感覚は太ったかなぁ
水着着れるかなぁ
午後2時、用意だよ…
3か月ぶりに水着を用意「着れた」
なんかやる気でてきた。
2時半ジムに到着
プールすいている。歩く歩く
歩いているだけではつまらんから、1+1=2、2+2=4~~~~5桁までできる
が5桁になると5桁目の数字が全部覚えられん・・・例えば46532だったら4万を足しているうち下の数字を忘れてしまう(私、上の数字から計算する)
次に歌を一曲歌う。
何を歌うかも思い出さない(今度課題曲を用意しておこう)
とりあえず「富士の歌」「あたまをくものうえにだし♪~」これは歌える
最近の歌は何回聞いても覚えない(歌詞も曲も)頑張ろう♪
一人でブツブツ言っているのは聞こえていないだろうが変!
1時間ほど歩き、泳ぎたくなる。
ビート番持ってきて、バタ足5mを数回
1時間ほどプールの中にいたかなあ
シャワー浴び、髪を洗い。終了と思ったが
すいていそうなので風呂をのぞく、誰もいない。湯船に入ってみる。
結構きれいだ。(ジムに通って初めて風呂に入る)
一風呂も浴びて、午後4時

45215955_1824165841029289_242308354

空が清々しい
身も心も清々しい

体は元気だ
いやアドレナリンが出ている
変にハイになっている感じ

次の日、体も痛くない。
ちょとまて、筋肉痛は忘れた頃にやってくる。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

10月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:972
ナイス数:102

奈良<世界遺産>散歩 (とんぼの本)奈良<世界遺産>散歩 (とんぼの本)感想
ケロリンさんの感想を読み。奈良の味わい感じて見たくなり古本を購入。とんぼの本は何冊か購読しているがちょと難しい、けれど好きです。書かれている場所は殆ど訪れたことのあります。その清々しさを本を読みながら思い出す。天平の時代、方角と数字を導き建造していく、自然の流れの中に美しさを増す。すごいなぁ。今年は正倉院展に行ってみようと思う。春日大社の灯篭の火入れにも行く予定です。今年の初めに十数年ぶりに「お水取り」にも訪れました。奈良で始まり奈良で終わる1年になりそうです。
読了日:10月29日 著者:小川 光三
くるり丹波・篠山 ゆったり、のんびり 近場の楽園くるり丹波・篠山 ゆったり、のんびり 近場の楽園感想
篠山魅力たっぷりです。織田信長、明智光秀に丹波攻めを命じるが赤井直正の守り固く失敗、赤井直正の死後再び攻める。八上城は落城する明智光秀の母ははりつけにされる。説明も興味が湧く。
読了日:10月24日 著者:ウエストプラン
すぐ死ぬんだからすぐ死ぬんだから感想
友から譲り受けた本。読み始めるが本に入っていけない。そんなことどうでもいいじゃないかと思う。突然亡くなった夫に隠れた子供がいた、女性がいた。どうなる?書かれていることに興味がもてない。老いて生きる、こんなもんじゃないだろうと思う。自分の事を構わなくなる老人を「セルフネグレスト」と書かれている。半世紀も生きると顔に姿に人間の生き様があらわれる。歳を重ねていくほどにその様は濃くなっていく。身なりはどうであれ、その様が美しく感じる老人が好きである。そしてそうなりたいと思う。
読了日:10月16日 著者:内館 牧子
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)感想
シリーズ1から読まなければ、ギャング4人の出会いがよくわかり「正解」(正解とは結果的によかったと思われること)本の小見出しに言葉の意味が書かれている。火星=太陽系の惑星の一つ。~地球に比べて~人口は2倍。うそっ!本独自の解釈が載っている(あとがきにちゃんと書いてありました)この火星にギャング成瀬さんの息子くん(自閉症)と他の地球人が連れて行かれたら、この自閉症の息子君が一番そこに適応するだろう。「そうだそうだ」と思う、こういう見方をする伊坂幸太郎氏考え方が好きです。裏の裏をかく!やるな幸太郎氏面白かった。
読了日:10月09日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター

ちょっと内職を始めました。
習いごとです。できなくって必死で練習した10月でした。
ものになったらまたブログに書きます。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月31日

朝、窓を開けたら

45013131_1820057738106766_822312485

45052745_1820057681440105_275933243

雲海

もう少し早く起きればもっときれいだったかなぁ

気がつけば10月が終わる。
暑い暑いと言っていた夏はトックに終わっていた。

夏休み(8月)終ってから次から次へといろいろな事が起こった。
友達夫婦の交通事故
友は29日に退院、だんなさんも11月4日に退院
(入院限度が2か月のようです。だんなさんはもう少し病院にいてくれたら友は楽だと思うのですが・・・・)
まぁ~~~何とか元の生活がスタートしてくれそうなのでよかったです。

今日はゆっくり11月らの日程でも考えようかなぁ
「これをするんだよ」と自分で言ってやらないとことが進まぬようになってます。
ホンマの隠居生活に入るのはちょと早いと思います。

11月スタートですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

へぇ~(*^^)v

昨年だったか?一昨年だったか?

誕生日に孫がくれた(娘が選んだと思う)木のカップ

茶色の紙袋に入っていたかなぁ
なんか一緒にもらったような
100均とかフリーマーケットとかで買ったのかなぁと思った。
まぁ~ありがたく数か月使っていたが…
陶器の口触りがいいかなぁと仕舞ってしまった。

好きな雑貨屋さん
日本の良きものを販売している
欲しいものネットでよく買い物をしている。
良きもので手作り品であるので値段はちょっと高い
そこからメール来た。
ひらいてい見ると見たことのある木のカップ
新しく販売を始めたもの。

え~~~もしかしてこれって

Dsc_4161

Dsc_4162

マークも同じ

日本の手仕事・暮らしの道具店cotogoto コトゴト

(マークと文章拝借。リンクはっておきます見に行って下さい)

アキヒロ ウッドワークス Akihiro Woodworksロゴ


鹿児島県で親子3人、手仕事の楽しさが伝わって来るような木の器を手がける

「Akihiro Woodworks(アキヒロ ウッドワークス)」。
「ジンカップ(Jincup)」は、鹿児島に多く自生するタブノキの塊をくり抜いてつくられて

おり、硬質な木目の印象に反して、手にするととても軽くて驚きます。

ゴツゴツ、手彫りの跡が手の平に楽しい「ジンカップ」。 早速、コーヒーを注いでみました。
縁を囲む凹みに唇をあて、そこをコンパスの基点のようにして、
くいっと取っ手を傾けてみます。
不思議なくらいスムーズに、コーヒーが口に運ばれてきました。
薄く仕上げた縁取り、そして唇に沿うような優しいカーブ。
さらには指のかけやすい取っ手のデザインはこのためか、と使って納得するのです。

使い始めは、香ばしいような木の香りがします。
段々と薄れていきますが、
それがより一層コーヒーを美味しくしてくれるような気さえするのです。
食品衛生法をクリアした特殊な樹脂でコーティングしてあるので、
お手入れも楽ちん。毎日気兼ねなく使えます。

「ジンカップ 漆」は、「ジンカップ」のかたちはそのままに、
お手入れも楽ちん。毎日気兼ねなく使えます。
木地に生漆を摺り込み布で拭き取る作業を繰り返す「摺り漆」の技法で仕上げられ、
こっくりとした色でより落ち着いた雰囲気で、
使うほどに艶と味わいが増していきます。


丈夫で軽い、とくればアウトドアのお供の素質も十分。
特に木の器は中身の熱の伝わりを穏やかにして、保温効果もあります。
焚き火の脇で淹れるコーヒーやスープの味を、より一層特別なものにしてくれるでしょう


値段も結構するんだけど。

なんて思ったら

_20181027_183530_2

めちゃビールおいしくなった(*'▽')

注意…ワインも瓶のラベルを安いものからブランド品に変えておくと
安いワインが格段と美味しくなるらしい(*_*;

なんてことで使うほど味の出る(漆が塗ってあるらしい)
このカップ愛用させていただきます。(へぇ~。ですね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«近隣で♪