水栽培

ヒヤシンスの水栽培セットを買う
2週間は暗室に閉じ込めて発芽を待つ

2週間過ぎて明るい所に出してみたが
根の伸びが片寄っている…

数日前から咲き出しました。

50283393_1936390823140123_830289783

可愛い桃色

50517194_1936390876473451_997939344
も一つあるのですが紫かなぁ?

元気に咲きますように
水栽培いい感じです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初笑い、初飲み会

南光、南天の二人会

50524886_1924636344315571_147454476

南天さんは南光さんのお弟子さんです。
南光さんは桂枝雀さんのお弟子さんです。

演目の「いたりきたり」は枝雀さん作
この噺を理解するのは枝雀さんの奇行さを理解していないと話が通じない
と、弟子時代の枝雀さんの話をたっぷりしてくれました。
「いたりきたり」は架空のペットの話
さぁ~~世の中何のために生きているのか?
哲学的な落語です。

お客さんの掛け合いが上手で会場が大爆笑になります。
何か知らない間に頭の中に花が咲き出していて

その後、友と飲みに行って
暗い話をしていても笑う笑う

50063362_1924636397648899_191137785

50286099_1924636474315558_651183796

から揚げもビールもみなうまい!!!

今年も春から縁起がいいわぃ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

1

ほぼ日の地球儀で年賀状つくってみました。

2019年は怒涛の幕開け
家族9人、みな健康に勢ぞろい
私は食事の準備と洗濯に追われる
対処できると言うことで喜びも感じます。

今年は一つ一つ丁寧にを目標に
身辺整理も徐々にしていく

もちろん旅も遊びもできるだけ楽しみたいです。
ブログもできる限る更新を…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12且に読んだ本

まだ昨年の仕事が残っておりました。

12月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:936
ナイス数:95

お多福来い来い: てんてんの落語案内お多福来い来い: てんてんの落語案内感想
細川貂々さん「ツレが鬱になりました」の原作者とは知っていたが読んだことはない。帯に「てんてんの落語案内」と書かれていて読まなければと思った。古典落語24噺が載っている噺の最後に書かれている「ツレコラム」がいい。そっか落語って哲学的なんだと思う。関東育ちの私は子ど頃は江戸落語、関西住まいの今は上方落語が大好き。「時そば」と「時うどん」、うどんのすする音、つゆをすする仕草、清八のあほさ加減が大笑いになる。落語の見方「おもしろいとこは笑いをこらえてはいけない、声を出した思いっきり笑う」確かに納得!
読了日:12月20日 著者:細川 貂々
希望荘希望荘感想
探偵杉村三郎が優しくっていい。杉村三郎は事件を引き付ける力がある?探偵にはもってこい。この本では4作の事件が書かれているタイトルにもなっている「希望荘」もさりげなく書かれた人間愛がよかったが「砂男」に書かれた杉村三郎氏の半人生が好き、杉村三郎が増々好きになる。人間観察が鋭く書かれている(そこが疎ましくなったりもするが)自分が探偵になった気分で本の中に入っていく(時には犯人を発見したり)杉村三郎シリーズ読まねば。久しぶりの宮部みゆきでした。
読了日:12月11日 著者:宮部 みゆき
渡りの足跡 (新潮文庫)渡りの足跡 (新潮文庫)感想
梨木香歩さんの本の話から「渡りの足跡」がよかったと友に薦められ手に取る。小説ではないのだ…もう一度タイトルを見直せば「渡りの足跡」そうか渡り鳥の足跡かぁ。女満別空港の景色から始まる。たしか私も降りたことがある。斜里駅から町を見渡せば真っ白、斜里山の山々見えた。オジロワシは濤沸湖の湖畔の木の上にいた(大きく威厳あるたたずまいだがどことなく情けない顔している、写真を見ると)濤沸湖はアイヌ語で「チカンプトウ」と呼ばれ、鳥がいつもいる湖という意味。2006年に行った旅のことを思い出させてもっらた本である。
読了日:12月02日 著者:梨木 香歩

読書メーター

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無事到着(*'▽')

昨夜はクリスマスイブ
娘一家がだんなのお母さんの法事(13回忌)で早めに帰省

何年かぶりで賑やかなクリスマスイブ
ケーキも何年かぶりで買いました。

さぁ~~サンタさんのプレゼント
「おばあちゃん、この手紙どこに置いておくのがいい?」
「玄関に貼って置くのがいいのではないかい」

48419077_1897677687011437_706260256

玄関のクリスマスリースの下に貼りました。
無事サンタさんはやってくるでしょうか・・・

「早く寝ないとサンタさんこうへんでぇ」と娘母ちゃん言います。

思い出します。
息子と娘、小学生前までは枕元に置きました。
小学校上がってからは部屋のドアの前
「サンタさんも忙しいから部屋に入り時間なかった」
と説明したように思います。

孫たちも部屋の前に置かれていました。
夜中の1時過ぎに妹がトイレへ
外で賑やかに話しているのが聴こえます。
その後安心して寝たようです。
そっかすぐプレゼントあけようとは思わないのだ。

朝になったら嬉しそうに階下へ降りてきました。
もちろんプレゼントもって
そのプレゼント内容がちっともわかりません…

サンタさんも大変な時代になりました。
「無事到着」
「ありがとうございました。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«笑いおさめ