« 夏バージョン | トップページ | 同じだね »

文学少女たち

1週間ばかり孫たちと遊んできました

P1170883

毎月わらわら本屋から絵本が届きます

前にブログ友のともちゃんのところで見つけた 

こびとづかん 記事をここ

このこびとがかすみちゃんは恐いらしい

最近「いやだ!」を連発ギミ・・・・

3歳児反抗期かなぁ

で~~~お母さんは考えたって言うか作った「いやだこびと」を

その前に

お昼にご飯を食べに行きましたそこで悪さが始まった

「いやだこびとさんがかすみちゃんのうしろで見ているよ」とばあちゃん

「えっ・・・・・」とかすみちゃん

「だいじょうぶいやだこびとさんはラーメンが食べたいってラーメン屋さんに行ったから」とばあちゃん

で話は元へ

「お母さんの作ったいやだこびとのシールが10コ貼られるとイヤダーコビトさんがラーメン屋からやってくるよ」

ウレシイコビトさんも作りました

「いいことをするとウレシコビトシールが貼られて10コになるとばあちゃん絵本送ってあげる」

と説明したがわかっちゃいるのかわかっていないようです

それでも二人でAmazonから「こびと大百科」の本をを頼みました

それが間違えて我が家に送ってしもうた^^;

P1180056

私も娘もこの絵本は気にいっています

でもかすみちゃんには刺激的なようです

「ばあちゃん神戸に帰ったらコビトの本送ってね」と言っていましたが

「ムーミンのともだち」の絵本を買いました

秋の話でスナフキンが冬になる前に南の国にたびたつ話です

秋・・・季節を教える

色を教える

花を教える

虫を教える

・・・・・・・・・・優しさを教える

絵本を通して孫に教える

ばあちゃんはずっとしていたい楽しいことです

さぁ~~今日はお母さんになんのコビトが貼られたことでしょう

|

« 夏バージョン | トップページ | 同じだね »

娘&孫」カテゴリの記事

コメント

 お帰りなさい。 楽しかったでしょ。
 若返って はいはいして 帰ったかな?
 二人で遊ぶ いい写真ですね。

投稿: 小紋 | 2010年6月24日 (木) 13時50分

わらわら母さんの本屋さん、素敵。
うちの母ちゃんも、姪ちゃんたちが泊まりに来たときに
読んであげてます。
でも私は、母ちゃんみたいに上手く子供と接することが
できてない気がする。
姪ちゃんたちは、子供みたいっていうより
妹分みたいな感じです(笑
周りにもそう言われたことがあります。
姪ちゃんもお友達の一人みたいに接してくれます。
こんな私もちゃんとお母さんになれるかなぁ~?

投稿: mikan | 2010年6月24日 (木) 14時39分

お帰りなさいっ!
楽しかったようで何よりです♪
今ごろきっと、お孫ちゃんたちも寂しがってるますね

読み聞かせ、懐かしいです~。
私を中心に川の字になって、娘はぬいぐるみを抱いて
指しゃぶりしながら、息子は私の袖をクルクルねじりながら
(↑2人とも変な癖の持ち主だったな~
じぃーーっと見てたっけ。
好みが偏らないようにと、毎月2冊ずつ6年間配本してもらいましたが、
その大量の絵本もトランクルームに眠ったままです(´Д⊂グスン

私は、頑張ったコビトさんシールをもらえるように頑張ろ~(^ー^* )♪

投稿: kaze | 2010年6月24日 (木) 16時52分

まごっちと遊びだけってと
のんびりしましたよ

若返るこれアドレナリンがでるんだろうね

投稿: 小紋さんへ | 2010年6月25日 (金) 05時30分

今朝は晴れています
出発日ですよかった

mikanさんはとってもいいお母さんになれますよ
愛情たっぷりだもの
子育てはいろいろあると思う
どんなに繰り返しても完璧なんてないと思う
親の愛情は一番いい子を育てます

ライナーねぇ
私も捜しましたトイレに流せるもの ないねぇ
今は平気でゴミ箱にポィです^^;
まごっちは夜は紙おむつを使ってました
娘は朝起きても中々そのオムツ替えません
重たいオムツをぶら下げていつも移動しています

今日から北海道うらやましい

投稿: mikanさんへ | 2010年6月25日 (金) 05時40分

今回は友にも会わず
墓参りと孫たちとの遊びだけって決めて

本読み
料理作り(かすみちゃんと)
洗濯バサミでの遊び
幼稚園ごっご
電車ごっご
・・・・・・・・いっぱい♪

かすちゃんは耳たぶが好きです
お母さんの耳たぶが好きだったのですが
「触るな!」って言われて今は自分の耳たぶ
妹の耳たぶも触ります「妹と耳触るな!」と声が

あっパンダコパンダのDVDも見たよ

投稿: kazeさんへ | 2010年6月25日 (金) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文学少女たち:

« 夏バージョン | トップページ | 同じだね »