« 瀬戸内芸術祭宇野港から豊島編 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭犬島編 »

4月の読んだ本

4月は遊びました

本読んでねぇ~~~~~

<2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:613ページ
ナイス数:27ナイス

プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)感想
著者は本書の自炊代行業者によるデジタル化は認めておりません。って最後のページに記されているが、これってどんな本でも書いてあるのかなぁ?なんかこの言葉がインパクトあって「そうデジタル化あかんよね」とそう感じさせる本なのだ
読了日:4月13日 著者:東野 圭吾
点子ちゃん点子ちゃん感想
点子ちゃんは目が見えない4年生の女の子です。一平君とのやり取りがほのぼのでいい絵本です、この本をこれから点訳します
読了日:4月12日 著者:野田 道子

読書メーター

|

« 瀬戸内芸術祭宇野港から豊島編 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭犬島編 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の読んだ本:

« 瀬戸内芸術祭宇野港から豊島編 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭犬島編 »