« 8月やぁ | トップページ | 蓮の花 »

7月に読んだ本

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1078ページ
ナイス数:64ナイス

静人日記静人日記感想
数年前に「悼む人」を読んだ(記憶が薄いのだが)続編かと思ったが、そうではなくその旅を日記として書かれた本と解釈した。日々死んでいった人が描かれその人を「悼む」坂築静人心重くなり、死というニュースに敏感になる(精神衛生上はよくないのかもと思う)何かの結果があると最後まで読んだ。静人、恋をしているという箇所が一番好きです。彼は明るくいい人だと思うのです。
読了日:7月21日 著者:天童 荒太
聖女の救済 (文春文庫)聖女の救済 (文春文庫)感想
ちょっと疲れ気味かなぁ東野圭吾氏、先が見えるストーリーに身が入らんかったのだが結末は気になるって感じ。結末はすごいよ。へぇ――とやっぱり東野圭吾やねぇ~湯川博士やねぇ
読了日:7月10日 著者:東野 圭吾
まほろ駅前番外地まほろ駅前番外地感想
前作は映画で見たのだが便利屋多田さんとその居候行天さんはそのままです。いや多田さんはちょっと明るくなったようです。解説に書いてあった「一生、あの気持ちを知らずに過ごすひともいるだろうが、私は知ってよかったと思ってるよ」いいですよねこの気持ち、何でも首突っ込んでみる好きです私も、映画では気が付かなかったのですがこの作品三浦しをん氏なのです。初読本です
読了日:7月9日 著者:三浦 しをん

読書メーター

|

« 8月やぁ | トップページ | 蓮の花 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530905/52697897

この記事へのトラックバック一覧です: 7月に読んだ本:

« 8月やぁ | トップページ | 蓮の花 »