« 超素晴らしかったこと | トップページ | 通常生活始動 »

12月に読んだ本

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1022ページ
ナイス数:69ナイス

新ALSケアブック―筋萎縮性側索硬化症療養の手引き新ALSケアブック―筋萎縮性側索硬化症療養の手引き感想
人間のメカニズムはすごい、嚥下に関しても食物を手の働きよって口に持っていくここからメカニズムは始まっている目で食物を観察して鼻で香り(等々)五感が働き唾液が分泌する(五感が働かないと食欲が低下)続いて唾液と混ざり合い噛み砕き(咀嚼)舌で中央に纏められ呑み込む続いて飲みこむ時の口腔、咽頭、喉頭、の優れたメカニズムは機械のように思う。それらは運動神経という脳からの指令で動いている、その神経が動かなくなるのがALSという病気、運動神経はあらゆるものを動かしているが呼吸器もそれに入る。人間どこまで立ち向かうべきか
読了日:12月26日 著者:
13階段 (講談社文庫)13階段 (講談社文庫)感想
初読み高野和明氏江戸川乱歩賞を満場一致で受賞した作品 実に巧みな面白さとスリル感と重みのある(死刑執行の是非を刑務官の立場から投げかけられ心にズシンと響いた)本である
読了日:12月18日 著者:高野和明
清須会議 (幻冬舎文庫)清須会議 (幻冬舎文庫)感想
面白い。なんとなく歴史好きな人間には打ってつけの本。途中で映画の配役調べにいきました、納得!ペリー萩野さんの解説もいい、すべて読み終わって拍手したのは勿論でした
読了日:12月13日 著者:三谷幸喜
ゆきむすめ (こどものとも絵本)ゆきむすめ (こどものとも絵本)感想
何を教えようとしているのか?永遠にものは存在しないってことかなぁ
読了日:12月10日 著者:内田莉莎子
99%ありがとう ALSにも奪えないもの (一般書)99%ありがとう ALSにも奪えないもの (一般書)感想
ALSのことをネットで調べていて彼のブログに出会った2013.11.20に発行された本を手にした。みんなの力を感じる本です。力をもらえる本です。読むことによって彼に力をあたえることができる本です。編集も美しいです。一度手に取って見て下さい
読了日:12月3日 著者:藤田正裕

読書メーター

|

« 超素晴らしかったこと | トップページ | 通常生活始動 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

ALS この前も書いたけど 
「海の蝶」で詳しく知ったのです。
なぜ! なぜ! と何万べんも 思うと思う。
難病の原因 突き止められますように祈ります。

投稿: 小紋 | 2014年1月 7日 (火) 14時52分

小紋さんありがとう
「海の蝶」読んでみようかなぁ
姉と私は覚悟を決めました
(母譲りか父譲りかわかりませんが
強いですわが姉妹)
姉は呼吸器も胃ろうも望んでいません
さぁ~~どう立ち向かっていくか
姉の最後の課題です
どう助けていくか
姉に対する最後の愛情です

投稿: 小紋さんへ | 2014年1月 8日 (水) 08時22分

母さんにはできると 神様が決めたのかもしれない。
本は ぜひ読んで。廃盤だったら お貸しします。
本当は これを読んだのがもとで 表装教室に行ったんです。どうしても あわない人がいて やめたおバカな小紋ですが・・・

投稿: 小紋 | 2014年1月 9日 (木) 10時35分

離れていることと性格が違うことで
フォローはなかなか難しい
そこにもう一人の姉や兄が入って来るので
そちらも立てないといけないし…
好きにはできない

本はAmazonで1円売ってるよ
大丈夫です「ありがとう」

投稿: 小紋さんへ | 2014年1月 9日 (木) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月に読んだ本:

« 超素晴らしかったこと | トップページ | 通常生活始動 »