« 8月です。 | トップページ | 虫・虫・虫 »

7月に読んだ本

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1339ページ
ナイス数:63ナイス

『ファーブル昆虫記』 2014年7月 (100分 de 名著)『ファーブル昆虫記』 2014年7月 (100分 de 名著)感想
第一回「命には必ず役割がある」第2回「昆虫観察を天職と知る」第3回「本能の謎を解き明かす」第4回「昆虫から学んだ生と死」ファーブルの墓標に掘られている「死は終わりではない、より高貴な生への入り口である」NHKの「100分de名著」のテキスト本、番組を見ていないのだが本だけでもとってもおもしろいが再放送を見なければそして奥本大三郎訳の「ファーブル昆虫記」を読まなければと思う
読了日:7月27日 著者:
教えてゲッチョ先生!昆虫の?が!になる本 (Outdoor 21 Books)教えてゲッチョ先生!昆虫の?が!になる本 (Outdoor 21 Books)感想
おっ!後からタイトル見てなるほどって思うけどしかめっ面して見ていたのも確かです
読了日:7月24日 著者:盛口満
偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん感想
「しゅららぼん」魔力は発揮されないが窮地になったら叫んでみよう~と結果知りたくってちょっと流し読み状態再読するともっと面白くなるやろう最後…このあとは想像しろってかあ「しゅららぼん」
読了日:7月20日 著者:万城目学
円卓 (文春文庫)円卓 (文春文庫)感想
新幹線で完読!あきさせなかったジャポニカの自由帳の蟻の表紙が見たい孫に持っている?ときいたらピカチュウならって…文房具やに行こう
読了日:7月12日 著者:西加奈子
青森ドロップキッカーズ青森ドロップキッカーズ感想
カーリングの精神「カーラーは、不当に勝つなら、むしろ負けを選ぶ」「カーラーは、ルール―違反をしたとき、自ら申告する」「カーラーは、思いやりを持ち、常に高潔である」あ~~この精神政治家の人間にきかせたい! 森沢さんの本は読んでいて精神が安定します爽やかになります 「苗場多恵」彼女が私の中では一番心に残ります何故っておばあちゃんやから私も嫁さんは青森の人(いい人なんだよ)青森にまた行きたいと思い三部作も読みたいとも思い青森いいところです
読了日:7月12日 著者:森沢明夫
考える人 2014年夏号考える人 2014年夏号感想
文庫本が私のインテリアになるみたいです素敵です
読了日:7月6日 著者:

読書メーター

|

« 8月です。 | トップページ | 虫・虫・虫 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月に読んだ本:

« 8月です。 | トップページ | 虫・虫・虫 »