« 若者たち | トップページ | 三人寄れば文殊の知恵 »

9月に読んだ本

もう少し本が読みたいが・・・・
なんか忙しいです。

2014年9月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1202ページ
ナイス数:58ナイス

きょうも、いいネコに出会えた (新潮文庫)きょうも、いいネコに出会えた (新潮文庫)感想
私は自由満喫!「どうだ!」って感じの猫たち。何か羨ましい~。と言う猫たちの写真を撮るには気長にゆっくり、じっと、構えていないといけないのだろうなぁ。そんな岩合さん「無人島に一つだけ持って行けるとしたら何?」「ねこ」ですって納得!
読了日:9月17日 著者:岩合光昭
火の粉 (幻冬舎文庫)火の粉 (幻冬舎文庫)感想
貴方にも火の粉が飛んできますよ…サスペンスとしても面白い。シリアスとしても面白い。重い感じなりそうなのに漫画チックになるそれも面白い。めっちゃ楽しめました。
読了日:9月10日 著者:雫井脩介
ジェノサイド 下 (角川文庫)ジェノサイド 下 (角川文庫)感想
家事一斉、中断となりました。膨大な資料に基づいて描かれた文章は巧みで、怒りも悲しさもユーモアーもあり、学ぶことが多々あります。タイトルのジェノサイト=大量殺戮、酷いシーンも多々描かれています。そこに目をつぶってはいけないのでしょう。が、「やった!」と爽快な気分にさせてくれるシーンが好きです。普段は使わない言葉(熟語)が流れるように出てくるのです(たまに辞書を引く)その言葉を自分のものするには読み直しが必要かと思います。
読了日:9月2日 著者:高野和明

読書メーター

|

« 若者たち | トップページ | 三人寄れば文殊の知恵 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月に読んだ本:

« 若者たち | トップページ | 三人寄れば文殊の知恵 »