« 複雑 | トップページ | 焦った… »

10月に読んだ本

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1227ページ
ナイス数:49ナイス

だいふくもち (こどものとも傑作集)だいふくもち (こどものとも傑作集)感想
「欲をかいてはいけない」また何百年したらごさくもだいふくもちも復活するように思う。これは私の欲かなぁ
読了日:10月30日 著者:田島征三
ファーブル昆虫記〈3〉 セミの歌のひみつファーブル昆虫記〈3〉 セミの歌のひみつ感想
この本に登場する虫は、蝉=蝉は何故鳴くのでしょう(歌うのでしょう)人間も嬉しいことがあった時歌いますよね。アリマキ(小さなアブラムシ)害虫ですけどね、本を読むと好きになりますよ、オオモンシロチョウ(日本にいるのはモンシロチョウ)葉っぱがクルクル巻かれているキャベツって誰が作ったと思います。オオクジャクヤママユ=メスが出すフェロモンすごっ!、マツノギョウレツケムシのリーダーもすごっ!今度、松を見たら探すぞ!虫には天敵がいます人間の天敵はなんでしょうね。戦争?人間自身の心の中にあるものが敵かもしれません。
読了日:10月29日 著者:奥本大三郎
ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)感想
事件を追うというより、人間の心理を分析している本と言う感じです。人間の心理は面白いです、(こんな事あるあるなんて共感したり)ただ、あちらことらの人間関係が書かれているので、読み通すのがしんどいです。1を読み終わって息切れしています。全巻読みたいとおもっています。
読了日:10月27日 著者:宮部みゆき
ポニーテール (新潮文庫)ポニーテール (新潮文庫)感想
思いを人に伝えると言うことはとっても難しいことです。伝え合わないとと思う思いが努力によって伝わっていくのです。本を読んでいて涙するということはあまりないのですが、電車の中で鼻がつーんと…あとがきに東北の大震災の前に連載されたものを書き直し、震災のあと、初めて出版された本ですと、書かれていました。その思いが文章の中から伝わってきたのだと思います。
読了日:10月9日 著者:重松清

読書メーター

11月です。
来月は12月です。(当たり前)

|

« 複雑 | トップページ | 焦った… »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530905/57857824

この記事へのトラックバック一覧です: 10月に読んだ本:

« 複雑 | トップページ | 焦った… »