« 小春日和 | トップページ | 誕生日 »

11月に読んだ本

2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:3932ページ
ナイス数:203ナイス

アフリカの瞳 (講談社文庫)アフリカの瞳 (講談社文庫)感想
日本で起きた薬害エイズ事件、その大規模な暗躍がアフリカの国を襲う。純粋にアフリカの力になろう。「やみくもの援助は、被援助国の国民の食い物から着るものすべてを模様替えして、再びもとの奴隷に突き落とす~自己の利益を捨て去り、相手側の真の幸福を願った援助~その行き先を変えられるのは女性~」この本に登場する作田信(医者)を通して帚木氏が訴えているのが感じられる。再び現在「エボラ」問題。世界は利益がらみで救助しようとしているように見える。この10年前に書かた「アフリカの蹄」も読んでみたい。
読了日:11月30日 著者:帚木蓬生
木暮荘物語 (祥伝社文庫)木暮荘物語 (祥伝社文庫)感想
自分を変態(スケベ―)と思っているあなた(私?)木暮荘に引っ越してみませんか。「えっ、普通やん私」と思うことでしょう。まほろ駅前シリーズを思い出す。ユモーアーあり。人生あり。三浦しをんワールドいい感じです。
読了日:11月25日 著者:三浦しをん
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)感想
終わった。6部目はちょっと息切れかなぁと思い読み始めたが、いやいや、私を傍聴席に引きずり込んでくれました。この亡くなった男の子の心理が書かれている箇所は、今年起こった佐世保の事件を思い出した。(解説では神戸の事件がもとになっていると書かれているが)「7人の侍」が背景にあると言う中学裁判にかかわる子たちが、すっきり感を与えてくれました。6部完読愉しかったです。
読了日:11月19日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)感想
ソロモン=、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエル(イスラエル王国)の第3代の王(神から知恵をあたえられた)ウィキペディアより ふぅ…あと一巻…偽証が証明されるか…
読了日:11月18日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 下巻 (新潮文庫)感想
中学生の気持ちの温かさに涙する。中学生の時を思い出した、ちょっと悪ぶるけど純だったよね。嘘つくことも考えるけど心は真っ直ぐなんだよね。でもって強いだよ!できあがってない勇気はめっちゃ強いだよ!(大人になるにつれて計算が入ってくる)45年以前の自分の心理思い出させる宮部氏の中学生分析もすごいなぁ。「大人こども」もいれば「子ども大人」もいる。いたいた。この言葉にピッタリな子(人)。中学生検事・弁護人の調査が終わっていよいよ裁判想像できない事実が出てくる展開には目が離せない。
読了日:11月16日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第II部 決意 上巻 (新潮文庫)感想
中学生の裁判ごっご?と思ったが違った。中学生が大人以上に冷静で賢い(とは言っても中学生が進めていると言う認識ができる文章)人間の描写を書かせたら”ぴか一”「火車」で宮部みゆき氏にはまったことを思い出した。いろいろな人間の描写を納得いく人間に作りあげていく。頭の中に何十人もの性格の人間ができ上がっているのだろう。中学裁判に釘付けです。
読了日:11月15日 著者:宮部みゆき
ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)感想
一部上巻のいろいろの人間描写が繋がっていくのは見事な文章構成だと思う。人間心理の浅はかさにイライラする。(もう少し、しっかりした大人がいるだろうと思うが今の世の中を見ていると確かにこんなことが起きている)2部から藤野涼子が事件を解決していくようだ。高校生の心理でどう暴いていくのか楽しみです。
読了日:11月10日 著者:宮部みゆき
かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫)かっこうの親 もずの子ども (実業之日本社文庫)感想
心の葛藤をもっと掘り下げて書かれていくと思ったが「軽い」。私が登場人物の年齢の時に読んでいたら「なるほど」と思ったかもしれないが…。上辺だけを捕まえた気分がする。
読了日:11月1日 著者:椰月美智子

読書メーター

家事も忘れて。ソロモンを読みました。(おもろかった11月でした)

|

« 小春日和 | トップページ | 誕生日 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

帚木さんは お医者さんだものね。
一度社会に出られて 九大に入りなおしたんでしたっけ・・・宮部さんの 壮大過ぎて手を出してないの。
「極上の世界旅行」うっとり眺めています。

投稿: 小紋 | 2014年12月 4日 (木) 07時47分

今頃、空の上♪
旅が終わったら、読みたい本増えるだろうなぁ

投稿: 小紋さんへ | 2014年12月 5日 (金) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月に読んだ本:

« 小春日和 | トップページ | 誕生日 »