« どんな年? | トップページ | 2015年の始まり »

昨年のやり残し

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1300ページ
ナイス数:82ナイス

虫眼とアニ眼虫眼とアニ眼感想
もっと自然を見たいなぁ~。もっと自然を作りたいなぁ~。もっと自然を感じて暮らしていこう。
読了日:12月18日 著者:養老孟司,宮崎駿
鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫プレミアム)鳩笛草―燔祭/朽ちてゆくまで (光文社文庫プレミアム)感想
抜きんでる超能力はないが、人間だれしもちょっとした直感と言うものがあるのでは?それをどのように自分の中で受けとめるのか。そこが問題だ。
読了日:12月18日 著者:宮部みゆき
文藝春秋 2015年 01月号 [雑誌]文藝春秋 2015年 01月号 [雑誌]感想
高倉健さんの記事が読みたいと思い「いい男です。健さん」
読了日:12月18日 著者:
舟を編む舟を編む感想
以前、映画(録画)見ていて途中で脱落…本は?舟を編んでいく人たちが魅力的です。最後は幸せと悲しさと満足さと…ホアンと涙が、胸がいっぱいになるのです。「ホアン」と辞書で引いてみます。「保安」しかないわぁ「ほんわか」かなぁ=なごんできもちのよいようす。元へホンワカと涙が、胸がいっぱいになるのです。文中の「慮って」と言う言葉「思いやって」とは違うのですよね。素敵な言葉です。本でも、まじめさんは映画の松田龍平さんでした。
読了日:12月8日 著者:三浦しをん
流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)感想
再読。テレビドラマになると、タイトルは思い出すが内容が全然…「そっかぁ」こういう親子関係なのだぁ(西島秀俊、香川照之)せつない話を笑いに変えて、そこがまたせつないのかも…。私も(自殺思考はないが)ワゴン車に乗って母と行動してみたい(母は成仏していると思うが)母としては失格なのだが、いい朋輩になるような気がする。テレビドラマ楽しみです。
読了日:12月4日 著者:重松清

読書メーター

今年もたくさん本読みたいです。

|

« どんな年? | トップページ | 2015年の始まり »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年のやり残し:

« どんな年? | トップページ | 2015年の始まり »