« 出てきた。 | トップページ | クライマックス »

4月に読んだ本

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1389ページ
ナイス数:38ナイス

敗者の嘘―アナザーフェイス〈2〉 (文春文庫)敗者の嘘―アナザーフェイス〈2〉 (文春文庫)感想
アナザーフェイス第2段、ちょっと単調で本のなかに入っていけない。大友鉄の魅力もどうでもよくなった感…結末を見て、アナザーフェイスシリーズはこれでおしまいにしよう。
読了日:3月26日 著者:堂場瞬一
アナザーフェイス (文春文庫)アナザーフェイス (文春文庫)感想
堂場瞬一氏初読み。(一瞬の逆なのだ名前)アナザーフェイスシリーズ、1をやっと借りてスタート、刑事総務課に所属する大友鉄は魅力的な人物だが、ストーリーの展開が詠めてしまう…。その考えが当たってると確認するのに最後まで愉しく読めたので「よし」ということで、大友鉄の活躍を知るために2シリーズを読んでみようと思う。
読了日:3月24日 著者:堂場瞬一
あやつられ文楽鑑賞 (双葉文庫)あやつられ文楽鑑賞 (双葉文庫)感想
文楽もいいと思う。(未経験者)が、三浦しをんさんがめっちゃ愉しい。ど・ど・ど・・・・いくつどがつくかわからないど素人の私を「文楽って愉しいんだろうなぁ」と思わせる、彼女の文章力がすごい!4月だなぁ。国立文楽劇場「靱猿」「一谷嫩軍記」「卅三間堂棟由来」これ1部の演目。襲名披露もある。吉田玉女改め吉田玉男二代目を襲名(人形遣い)(わかった気になる。この本読むべし!)
読了日:3月16日 著者:三浦しをん
子どもべやのおばけ子どもべやのおばけ感想
いい本です。人間の心が成長していくのがよくわかります。子供の性格の違いも感じ方もそれに寄っての心の葛藤がめっちゃよく描かれてます。物語も面白いです。児童文学書なのですが十分大人にも楽しめる本です。
読了日:3月12日 著者:カーリゼーフェルト

読書メーター

あっ文楽行きたいけど(何時だったかなぁ)

子どもべやのおばけ、孫に読んでいます。
姉妹二人意味を理解するでしょうか?
本をゆっくり読みたいなぁ~~~~
一人旅をしようかなぁ~~~~~

孫は月曜日に帰ります。
送って行って、今週中には帰ってきたいと思ってます。

|

« 出てきた。 | トップページ | クライマックス »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

堂場さんに 振り回されたときあった。
多作やもんね。子供育てながら 活躍する人やったね。
住大夫さん 文化勲章もらえわれましたね。よかった。

投稿: 小紋 | 2015年4月 6日 (月) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月に読んだ本:

« 出てきた。 | トップページ | クライマックス »