« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

涼しい風が

娘一家が帰って、自分の時間を取り戻したかなぁと感じていた。

26日からデカ孫がやって来ると言っていた。
一人できたら、どう迎えようかと…

いやいや、嫁さんと二人でやってきた。

一か月ほど休んでいた、点訳サークルは当番で
朝8時半から弁当もちで出かける。
まぁ仕事半ばで、帰らせてもらう。

美味しい肉屋の餃子と骨付きから揚げ(揚げるだけ、焼くだけ)
さぁ~~どの位買うべきか???
いつもの3倍買ってみた。

高校2年生のデカ孫、ほとんど一人で食べた。
すごいなぁ~~この時期の食欲
気持ちいいです。

土曜日は息子とも、待ち合わせて甲子園にナイターへ

Dsc_3706

昨年は息子と二人で帰ってきて、やはり甲子園に行った。
1年ぶりの甲子園
「虎巻き」タイガースカラーである。
応援むなしく…負けた!

でぇ~~~本日慌ただしく帰って行った。

嫁さんは面白い
土曜日も、帰る今日も、一人で有馬温泉に入浴しに行く。
行きは車で送っていくが、帰りはちゃんとバスに乗って帰って来る。
息子とデカ孫は昨年と同様「ゴロゴロ」する。
お昼頃起きてきて、ものすごく食べる。(嫁さんは風呂へ行っている)
食べさせる前に、いつも買い物に出かける。
夕飯作りは1日だけ(助かった)
娘一家のように1週間もいられたら、食費もすごいものに
私の体力もなくなるだろうなぁ。

デカ孫、3年生の時に出会って、図体は倍に大きくなりました。
精神も大人になっていってます。
あっ、血がつながっていないのに、息子に似てきています。
8年間、息子パパを見ていると、やることが似てくるのでしょうか。
息子も嫁さんと話しすより、息子と会話することの方が多そうです。

最寄りの駅まで送って、お嫁さんが挨拶し、デカ孫が嬉しそうな顔で別れを言い
息子は何も言わずに、ちょっと寂しそうな顔をした、ように見えた。
そうだよね。後,何回会えることか・・・と私も考える。
昨夜から秋風が吹き始めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏休み

迎えに行って、孫たちだけで1週間
娘母ちゃんたちが来て1週間
孫たちは昨日帰って行きました。

娘母ちゃんたちがいない方が
まぁ~、私ペースで、できるのでやりやすいです。

なんて言っても、娘母ちゃんたちが来た夜はゆっくり眠れました。
孫たちは二人で、婆さんとは別の部屋で寝てくれます。
でも、ちょっと気配が気になるのかなぁ(私)
タオルケットかけても、運動場のように転げまわって
タオルケットはどこへやら~~~
何もかけるのをやめたのですが…
明け方寒くなるのですよね。(起きて行くのも、面倒かなぁ)
寝ている布団をたたみにいったら、肌掛けが?
「かけたの?」「うん寒かったから」
ちゃんと、横に置いてあったものをかけたようです。
さぁ~~~これからどう成長していくのでしょう。
そして、婆ちゃんとは、どう付き合ってくれるのでしょう。

私の夏休みも終わったのか?
これから、始まるのか?

オリンピックをゆっくり見られるようになりました。
点訳の宿題もたくさん残っています。

あ~~~できれば、遊びたいのだが婆ちゃんも

おまけ(従兄のコメント欄から借用)

13925169_278363439208958_9579457879

従兄の家の猫たち
孫たちも連れて行きましたが、病気の年長さんに会っただけです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

遊びの日々

2016.8.2、上京

2016.8.5 神戸に孫とを連れて帰る。

2016.8.6 とりあえう我が家でプール

13906983_993001367479078_6166714542

このプール、でっかい。
毎日、していたら水道代すごいことになるぞ!

2016.8.6 竹中道具展

13924867_993759514069930_1612810355

妹作「こまったくん」

13887012_993759557403259_2771522156

姉作「木琴の音色を奏でる」
のこぎりで「ギコギコ」とおじさんに教わってました。

2016.8.7 六甲高山植物園に

13895572_994302530682295_5284521210

13907122_994302510682297_6436720436

あいの葉を叩いて染め抜きました。(上が妹、下が姉。私も作りました)

13872698_994429734002908_2679725362

その後、六甲山の住んでいる私の従兄の所に
葉を採取、自由研究(押し葉)

13920874_997893006989914_1154489832

いい感じにできました。

の間に妹は

13892359_994429747336240_8173269649

13887056_994429760669572_7156316081

プールの絵日記奮闘中!

2016.8.8 グリンコピア(グリコの工場)

2016.8.9 我が家でプール

13937850_996358677143347_7226739529

妹が買った。この形は?妹は「タニシ」姉は「う〇こ」
釣ってみようと見出しが袋に

2016.8.10 森林植物園に

13895588_997809330331615_7136582425

虫を作りました。(妹作)

13872883_997809423664939_5771882000

13925164_997809380331610_1619513351

姉作

この日、娘夫婦が帰って来る。
最寄りの駅に連れて行く。
「改札口によこして」と娘からLINEが????
孫たちだけ改札口へ
私は車で待つ。

「これから飲み会、ご飯はいらん」とLINEが入る????
あ~~~そういえば、そんなこと言っていた。
孫たちは電車に乗って、飲み会に連れて行かれた。
その夜、親子たちは帰ってきた。

2016.8.11 

劇団四季「エルコスの祈り」を観劇
それが終わり。
旦那様のお兄さんの所へ行きました。

13913651_998750350237513_2638940626

私のいたずら。
テーブルにあった、娘のマニキュアを塗ってみた。

さぁ~~~~よう動いた日々でした。
なぜか元気です(*'▽')

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月に読んだ本

2016年7月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:1654ページ ナイス数:78ナイス もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築もう二度と見ることができない幻の名作レトロ建築感想 写真は旧丸ビルから始まる、仕事をしている時(新丸ビルで)昼食に何度か訪れた。40年以上前の事だが、その頃でも重厚な貫録を持ったビルでした。(大正12年に竣工)ビルの中も記憶に残っています。働いている新丸ビルより好きなビルでした。何故、保存の方向に進まなかったのだろうと思う建物も数多く載っています。明治、大正、昭和初期に建てられた建築物は魅力ある芸術品が満載です。伊藤隆之氏の写真の中で巡り合えたことを嬉しく思います。 読了日:7月31日 著者:伊藤隆之
カキフライが無いなら来なかったカキフライが無いなら来なかった感想 「カキフライが無いなら来なかったの本読み終わった うふ」こんな感じでいいかなぁ。自由律俳句と言うのか、「せきしろさんはセツナイ詩をかく。又吉さんは自分にせつなさを感じる俳句をかく。私の頭も心も癒された」 読了日:7月24日 著者:せきしろ,又吉直樹
d design travel AICHId design travel AICHI感想 本日発刊?昨日Amazonから届きました。Twitterで発信されている愛知の旅編が面白く、愛知号を心待ちにしてました。博物館明治村、名古屋市東動物園、豊田美術館も興味津々、瀬戸焼も(民芸館も)常滑焼きも触れてみたい。あれやこれや食してみたい、たまりや料理店も大甚本店でやっぱ飲まなぁ。Twitteの発信を見た時から名古屋観光ホテルは泊まってみたいと思ってた、文章で読んでも泊まってみたい。空閑トラベルを読む、愛知に増すます興味が湧く、愛知は車の旅がいいかなぁ。本を読んでいる間、笑顔なのです。いい旅しました。 読了日:7月16日 著者:D&DEPARTMENTPROJECT
東京百景 (ヨシモトブックス)東京百景 (ヨシモトブックス)感想 図書館の予約本「火花」は1年経っても手元に来ない。「東京百景」は数週間でやってきた。で、又吉直樹氏初読み。文章は好きです。人間の又吉さんがそのまま文章になった感じ、人間の又吉さんも好きやけど、興味も持つのだけど、テレビに出演しているものを必ず見るかと言うと「いいえ」。本もその印象とまったく同じもの感じるから面白い。「火花」めっちゃ待ちどおしくなったのは確かです。せきしろさんと共著の「カキフライが無いならこなかった」これも読んでみたいです。 読了日:7月11日 著者:又吉直樹
食堂かたつむり (ポプラ文庫)食堂かたつむり (ポプラ文庫)感想 きっと料理が出てくると読み始めました。描写が丁寧で、その光景を映像化できます。文章のタッチもリズム的で好きですが…、美味しい料理も出てきますが…女性雑誌に憧れのレストランと出てきそうな話、と思っていたら、最後の章で屋根裏のふくろうに「えっ!」と思った瞬間から、母の愛情、人間の愛情が実に見事に描かれていました。(読んでみて下さい)「いい本」やと、女性の目線からこの本を読めてよかったです。が…番外編が現実に読み戻してしまいました。ちょっと残念です。小川糸さん初読みです。 読了日:7月9日 著者:小川糸
皇室一五〇年史 (ちくま新書)皇室一五〇年史 (ちくま新書)感想 江戸時代から明治へ、明治から昭和へ、昭和から平成へ。天皇の在り方の変化、宮家の変化が簡単にわかる本(興味は程ほどに感じた。)平成からまたどう変化していくのか?平民としては気になるところです。皇室にも引退制度があると…今上天皇、皇后美智子様は82歳と81歳であられます。 読了日:7月5日 著者:浅見雅男,岩井克己
ダイオウイカは知らないでしょうダイオウイカは知らないでしょう感想 「ダイオウイカに会ってみたいと憧れる 美しく飾ってくれても食せない」わらわら。和歌でござる。西さんとせきしろさんが面白い、出てくる言葉が好きやなぁ。ゲストもいい味出してくれる。穂村弘さんの解説も好きやなぁ。「美しいボタンをつけてほしいのよ 白髪さえない私の股に」西加奈子 UH(アンダーヘアー)私の頭は????もう一度読み直す「おぅ!」私は股を服と読んだ。(今の私の心境はこっちゃやなぁ) 読了日:7月3日 著者:西加奈子,せきしろ
読書メーター

続きを読む "7月に読んだ本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »