« 苔玉 | トップページ | 自然観察会 »

1冊やぁ

2016年9月の読書メーター 読んだ本の数:1冊 読んだページ数:480ページ ナイス数:33ナイス 真田を云て、毛利を云わず(上) 大坂将星伝 (講談社文庫)真田を云て、毛利を云わず(上) 大坂将星伝 (講談社文庫)感想 毛利勝永の幼少時代から始まる。5歳にて又兵衛(後藤)と戦さを観戦に行く、その闘志は圧巻である。父森吉成は親としても豊臣の重臣としても魅力ある人物、今の世に欲しい人です。「戦い」の中に引き込まれ、涙流すこと多々、「戦い」にこれほど魅せられたのは初めてのことです。後半に真田信繁が登場、下にて「大阪の陣」に、楽しみである。テレビ大河「真田丸」とも重なる登場人物が面白く感じたり、邪魔と感じたり、文章の7割が漢字「耄碌」?「黄母衣衆」何?登場人物も多く、漢字の名前も呼び名も難関、頭をすっきりさせ、読み直さねばと。 読了日:9月12日 著者:仁木英之
読書メーター

9月…なにしとったのかなぁ?
この本の続きを読んでます。
大河と競争
「大阪の陣」どちらが先に突入かぁ!

P1110240

春に買ったサンシュユの木
春の黄色の小さな花の集まりも可愛かったが
この赤い実に会いたかった。

食べられると、食べてみました。
ほろ苦く、すっぱあまい(*'▽')

|

« 苔玉 | トップページ | 自然観察会 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

馬に乗って 刀挿して 後ろに母衣つけて
 切りまくるんだから 出来ないね
 赤母衣は 知ってたけど 黄色もあるんだね。
 そういえば いつから真田丸 みなくなったんだろう。

投稿: 小紋 | 2016年10月 2日 (日) 17時28分

戦をする男の気持ちがわかるようにしてくる。
戦おうとするのは男の性かなぁ。

この本に登場する(九度山)真田信繁はチビでハゲでと。
昨夜も録画してみました(*'▽')

投稿: 小紋さんへ | 2016年10月 3日 (月) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1冊やぁ:

« 苔玉 | トップページ | 自然観察会 »