« 人生 | トップページ | 血筋(*ノωノ) »

日本の文化

年齢を重ねるとともに、日本好きになります。

そして日本の文化に興味が湧いてきます。
新春第一弾の美術館は「兵庫陶芸美術館」
「あの釉薬、解明中です。」

Dsc_0263_2

白磁も青磁も珉平も素敵だがこの地で会う赤土
丹波焼きに心が動きます。釉薬によって焼き物が変わります。

BSテレビで曜変天目茶碗」を再現していました。
土、釉薬、焼き方、この美しさを出すことができないそうです。

おまけ

Dsc_0271

手打つそばを食べて参りました。

昨日は

『躍る旅人−能楽師・津村禮次郎の肖像』映画を見てきました。 能楽師津村禮次郎が70歳過ぎて、あらゆるジャンルのダンスのコラボ (映像は数年前から撮られているようです) 素晴らしいですの一言です。

『躍る旅人−能楽師・津村禮次郎の肖像』イントロダクション リンクして見て下さい。

予告 のカテゴリも見て下さい。(線上をクリック)

で、昼は

15940664_1135841443195069_278873906

和菓子屋さんのにゅう麺の定食

15895009_1135905663188647_701198284

和菓子もたっぷり買い込んできました。

今年は日本の文化にどんどん触れて行こう。

|

« 人生 | トップページ | 血筋(*ノωノ) »

コメント

窯変天目茶椀は 大阪の藤田美術館のものやから
 展示期間に 気を付けて 見に行って!
 九博で見て 惚れこみました。動画見ました。
 母のお供で すこし お謡い習ったので あの鼓の音
 思い出します。博多にも 能楽堂があって 響きが素晴らしかったです。昔からあるもの いまのものと コラボすること
すごいですね。

投稿: 小紋 | 2017年1月11日 (水) 09時31分

「曜変天目茶碗」日本に4点あるそうです。静嘉堂文庫蔵.藤田美術館蔵.大徳寺龍光院蔵.MIHO MUSEUM蔵
実際に会ってみたいです(*'▽')

中国で割れへんが見つかって、化学分析できると、土壇場で中国は日本にわかることを拒否しました。
藤田美術館が化学分析を行うことができ、分析されました。
福岡の陶芸家ではなかったかなぁ(埼玉だったかなぁ?)
青の光を出すことができ、もう一歩らしいです(テレビより)

能の鼓の響きはぞくっとしますね。
人間国宝「津村禮次郎氏」が挨拶に来ていました。
パンフレットにサインを頂きました(我が家の家宝ですね)

投稿: 小紋さんへ | 2017年1月11日 (水) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530905/69175989

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の文化:

« 人生 | トップページ | 血筋(*ノωノ) »