« 我が家の金魚 | トップページ | 日帰り旅 »

11月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:900
ナイス数:79

ラプラスの魔女ラプラスの魔女感想
一応、一気読み。結果を知りたいと言う展開は「さすが」だが…どうもしっくりこない。単純なストリーで意図が伝わってこない。東野氏の脳は疲れ気味?と感じた。
読了日:10月10日 著者:東野 圭吾
写真撮影の教科書 思いどおりに撮るための写真の手引き写真撮影の教科書 思いどおりに撮るための写真の手引き感想
教科書シリーズ2冊目、「ひとつ上の写真を撮ろう」と帯に書かれている。ひとつ前の写真も撮れへんのに…思いはこれ!と言うことで、読んでいてかなり面白い。マクロ撮影の書かれているこ項目に「そうそう、そうなんだ!」と昆虫は目にピント合わせる(やってみよう)おわりに「ピント」「明るさ」「色」「光」「レンズ」「構図」の6つのキーワードに対してすばやく確実に対応できるようになればデジタル一眼初心者を卒業といえるでしょう。と書かれています。やっと本で納得し(多分)想像で自分のカメラスィッチを合わせてみる。実践は難しいが…
読了日:10月06日 著者:岡嶋和幸
敗者たちの季節 (角川文庫)敗者たちの季節 (角川文庫)感想
感動ものです「宣誓。~自分たちの背負ったたくさんの思い、悩み、焦燥や迷いとともに、かけがえのない1日1日生きて、かけがえのない1試合1試合を戦い抜くことを誓います」。一人一人の球児にドラマがある。試合一つ一つにドラマがある。プロローグの県予選の試合も文中に気が入り込み「打て。取れ。そこだ!~~」と言う自分がいる。一人一人のドラマを読み、エピローグの甲子園の試合、実にうまい。自分がそこにいる。涙して応援していた。「昨今の高校生の暴力事件、指導者は大人でなければならない。」と本を読み感じた。
読了日:10月03日 著者:あさの あつこ

読書メーター

11月は台湾の旅と遊びに行ったりで、本読みが少ないです。

|

« 我が家の金魚 | トップページ | 日帰り旅 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

読書の秋も深まり 寒くなりました。
 ちょっと変わったところで 中島要
 「酒が仇と 思えども」 面白かったです。

投稿: 小紋 | 2017年11月12日 (日) 18時56分

朝書いて送信するの忘れたかなぁ(コメントがない)
「猟師は腐った肉は食べない」だったけ読みました。
(感想は来月にでます(*´▽`*))
昨日はボストン至宝展にあゆみ教室野外教室で
生徒さん連れて、74歳の生徒さん連れて二人で見ました。
フランス絵画(モネもミレーもセザンヌもドガもゴッホも)
素敵でマハさんの小説思い出しながら、出口に近づいて
もう一度見に行こうと~~と彼女セザンヌの果物画の
ガラスの文鎮買ってました。(私は図録とガチャガチャ)
ブログ書かなければいけないですね(#^.^#)

投稿: 小紋さんへ | 2017年11月13日 (月) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月に読んだ本:

« 我が家の金魚 | トップページ | 日帰り旅 »