« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

SNSの力

冬はお休みの高山植物園だが2月に最終の土曜日と日曜は初春の野草を見せる為に開園してくれます。先着100名にバイカオウレンの苗を配ってくれます。

雪や凍結がなければ山の上まで車で行けます。
昨年も行きました。

10時過ぎに着いたときは苗はなかったのです。
その数年前に行った時は帰りがけにまだ残っている苗がある状態でした。
今年は10時よりちょっと早めにと思ったのですが

53110649_1982720331840505_798906971

駐車場に入れずちょっともたもたとします。
少し戻って別の駐車場に停めて少し歩いて到着してみれば
どうしたの????めっちゃ行列です。
テレビもカメラマンもきています。
何時からこんな人気に
インバウンドではないです。外国の人はまったくいませんから。
インスタもTwitterもFacebookもみんなアップしていました。
昨年はインスタはなかったかもしれません。

待つこと数十分(30分以上です)
もちろんバイカオウレンの苗などはありません。

52654498_1982881018491103_102345465
そんな人混みも何のその、バイカオウレンの花は美しく咲いています。

52822935_1982880965157775_315752448

52668745_1982880928491112_556575307

シクラメン

53001528_1982880898491115_233982176

福寿草

52842254_1982880868491118_728524391

セツブンソウ

今年は暖かったのでもう少し咲いていると思ったのですが
山の上は寒いです。
今日も雪がちらちら舞っていました。

お昼には豚汁が振舞われるのですが
おにぎり作って行ったのですが
一回りして30分以上待たないといけないので
車の中で暖かいお茶とおにぎりを食べ帰りました。

帰りは入り口の人混みもなくなっていました。
来年は11時過ぎに来ることにしようかなぁ
雪が降ったら来られませんが

世の流れは変わりましたね
癒しをもとめて人のいない所を探さないと〈まぁ人を見物するのも愉しいですが)

私もSNSの力にはお世話になっていますが
微妙の力ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

60の手習い

ちゃんと言えば66歳の手習い

数年前から習おうかなぁと思っていた和裁
脚が痛くとも、手が動けばできるかなぁ
眼もよくなったこともめっちゃ後押ししてます。
目標は孫たちの浴衣を縫う
合わせも縫えるといいなぁ。

昨年の10月から半年が経ちました。
はじめは運針の練習
この運針ができん…
裁縫箱(息子のもの)に指ぬき(母のかなぁ?)入っていたが使ったことがない。
チクチク進まん…
1万時間(だったと)やり込むと何でも一人前になれるときいた。
5年だったか3年だったか、ものにする為には1日5時間練習するといいらしい
ようし!と思ったが思うだけだった…

洋裁で言う「まつる」が「くける」という作業になる。
縫い目が見えてはいけない
1m四方の風呂敷をつくる。四方全部くける。

やっと肌襦袢の作成に

51966199_1969356746510197_126101895

もうすぐできるかなぁ
これが終わると浴衣を縫うが大丈夫やろうか????
後ろに映っている花柄が風呂敷です。

10月に入った同期さんは和裁の経験あり。

51895263_1969356599843545_318266851

52020783_1969356663176872_999212154

ミニ浴衣完成
めっちゃ可愛いです。

これを載せたくってブログ書きました。
私はまだまだです。
でも縫っているのは楽しいです。

続きを読む "60の手習い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くもってる…

眼です。
見えにくいなぁと思ったのは12月末だったかなぁ
12月中旬に眼鏡を作りに行った時は感じてなかった。
12月末から1月は忙しかったので見えにくいなんて思ってる暇もなかった。

2月にnnnnnn見えにくい?
電車の中で片目ずつつぶってみる。

右目が見えにくい
家でテレビを見ていても本を読んでいても右目だけでは見えない。

くもってる?
医者で「霞んでますか?」ときかれたが霞んでいると言う感覚とちょと違う。
自分の症状を相手に伝えるって難しい…
視力をはかったら右目は0・3位かなぁ(伝えてくれないのでわからない)
見える、見えないと言うより0.1のCマークを見てもくもってる(答えられるが)
眼鏡をかけても同じである。
このブログを書いていて思いついた
「窓がガラスが湯気でくもって見えない」これだよ。

私は白内障のレンズがくもっていると思っている
でも医者に白内障のレンズがくもっているのですとは言えない。

結果いろいろな検査をする(まぁいいのだが)
医者に行った日は白内障の手術の日だった。
院長先生は手術に行っている。若い先生が診察してくれる。

すべての検査の結果
「どこもわるい所はないのですが…視力が落ちてますね…」
「白内障のレンズがくもっているのかなぁと思ったのですが…」私
「くもりはあるのですが両目同じくらいの度合いなのですよね左目見えるでしょう」
「・・・・・」私
「右目だけレーザーをあててみますか?」
「はい」
「すぐできます」
なんか頼りないのだが…大丈夫か?
やっぱ院長先生の時に来るべきだったかなぁ

看護師さんの方がしっかりしてます。
レーザーを当てるのも痛くもかゆくもないです。
ピューピューのレンズに攻撃しているようです。
レンズの回りからきれいにしていくらしいです。
「半分終わりました。後少しです」
とやりながら先生が声をかけてくれます。

一度、終わって、目の中をのぞいて
「だいたいきれいになっているのですがここにまだちょっとぶら下がっているのです。見える所はきれいになっているから大丈夫なのですが念のためにもう一度あてますか?」
「・・・・?はい」私
大丈夫かぁこの先生

承諾書にちゃんとサインもします。
一応手術扱いなのです。
炎症が起こることがある
再発をする場合がある。
ここがキーポイント見たいです。

看護師さんも恐縮しながら再度レーザーの前に

「1週間後また来てください。」
「洗顔も洗髪もいいのですか?」
「全然問題ありません、傷をつけたわけではないので」

めっちゃ簡単なの事でした。
目薬も何もでないし、まぁ1週間後来てくださいなんて感じです。

その日は眼底の目薬を入れているので見えにくいのですが
あっ!緊張もしていないと思っていたのですが
肩とかなんか痛い。
力は入っていたのですね

見えます。
はっきりと見えます。
左目より右目の方が見えます。
白内障も手術した時めっちゃきれいに見えて感激したのを思い出しました。
くっきりはっきり線の一つずつきれいな写真のように見えるのです。
目に慣れていくとその見え方は消えていくのですね?
掃除したらめっちゃまたよく見えるようになるようです。
レーザーを当てるのはまたできるようです(再発したら)

私診断では右目は黒ものが飛んでいて見えにくかったのです。
黒いものは加齢で治らないようです。
その黒いものが邪魔して余計見えにくくさせていたのでしょう。

医者もなかなかわからないものなのですね。
とりあえず治ってよかったです。

続きを読む "くもってる…"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雪積もった

この時期一度はある風景

51591203_1964411723671366_271308207
裏の家の木々は工務店のおっちゃんと言う人が来て切った。
切った木は庭に放置…

52011284_1964411777004694_167429638

我が家の庭にも大分積もった

51651195_1964411843671354_610627164
水仙に花の上にも
この雪ふあふあ~~~花をつぶさない

ひとしきり、雪景色を見せてくれ
1日経た今日は車も運転できる

なかなか、いい雪でした。
でも早く暖かくならないかなぁ。

続きを読む "雪積もった"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月に読んだ本

1月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:3463
ナイス数:140

永遠の仔〈4〉抱擁 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈4〉抱擁 (幻冬舎文庫)感想
本手放せず。心理描写も面白いが落ち着くかなと思うと事件を起こす(作者の意図だろう)平成16年と言ったら今から14年前介護保険が平成12年、老人施設や介護について、やっと話題にのぼった頃だろう。グループホーム的な事、地域で見守る的なことも書かれている。天童荒太氏恐るべしと感じる。感想書くのもままならぬ5巻に突入、最後や!優希に光を
読了日:01月31日 著者:天童 荒太
永遠の仔〈3〉告白 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈3〉告白 (幻冬舎文庫)感想
やめられない、とめられない、一晩で読む。「告白」彼らたちの受けた虐待の告白、予想はしていたが…この子たちの親は人間ではない。いや親も病んでいたのか。先日の事件で親は「虐待と思っていない」と自供したとラジオで言っている。この作品は1999年に発刊された、親の虐待と言うのはずっと昔からあるのだろう。「親」にはどんな人間でもなれる。「子」はどんな虐待を受けようと親を慕い虐待を隠そうと口を閉ざす。彼らはお互いに告白した。光りを与えて欲しい。日本推理作家協会賞を受賞したこの作品に期待する。後2冊、眠れない夜が続く。
読了日:01月31日 著者:天童 荒太
永遠の仔〈2〉秘密 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈2〉秘密 (幻冬舎文庫)感想
未知の気持ちを知る。知りたいと言う感じで読む。私はこんな気持ちにはなれない。この子たちをこの主人公たちを救いたいとは思う。折しも本に書かれていることが現実に起きる。「風呂場でその子を裸にして熱湯を浴びせ続けたと言っている」10歳の女の子は一命はとりとめる、その母親をかばう「私がシャワーの温度を熱くした」。子とはそういうものなのだろう親を客観的に見ることはできない。そこから歪んだ大人になる?5巻まで読み終わると答えは得られるのか?2巻目はドロドロの泥沼にハマっていく。助けたいと思うから読むのかと思う。
読了日:01月30日 著者:天童 荒太
宇宙兄弟(34) (モーニング KC)宇宙兄弟(34) (モーニング KC)感想
宇宙兄弟20巻から34巻まで一気読み(2日間かなぁ)19巻まで一気に読んだ時は日比人の活躍、20巻からは六太の活躍、宇宙ではアクシデントが次から次へと起こる。35巻も3月に発刊されるらしい。きっと日比人が月に行くのでは?読むのは一気読みできるけど、ストーリーってどこまで考えているのか?小山宙哉氏の頭の中をのぞいてみたい。
読了日:01月28日 著者:小山 宙哉
永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)感想
以前「悼む人」を読んだ。死に対して立ち向かう作者の気持ちを理解しつつ、自分の心が落ち込んでいく(難解でもあった)天童荒太氏の本は手に取らなかったが、古本屋で5巻この本を見つけた、天童荒太氏に触れてみたいと思った、どこか惹かれていたのだろう(悼む人)。序章から第一章そして第2章~と現代から過去へそして現代、また過去へ3人の主人公の虐待、PAST、憎しみ、殺意、人格など人間の内面が鋭く描かれている。読み手を引き付ける流れはさすがである。これが5巻まで続くのか。 舟越桂氏の表紙はこの本為に作られたのか好きである
読了日:01月27日 著者:天童 荒太
ヒトラーの防具(下) (新潮文庫)ヒトラーの防具(下) (新潮文庫)感想
「シンガポール攻撃だ」抜き打で襲いかかり、深手を負わせてしまう、ヒトラーの戦術だ。真珠湾攻撃もこうした発想なのか、流れが負の方向に恐ろしいことです。ドイツはユダヤ人も抹殺していったが精神障害の人も生きる価値のないと思う人も抹殺していった(日本でも障害を負うものに子供を生むことができないように処置したことが裁判になっている)酷いこと書かれているなか青年はユダヤ人女性を匿い恋をする。この酷い中でも恋は美しい。防具が見つかったのは真実である。作者はあらゆる資料を調べこの本を書く。ヒトラーの復讐の結末も見事です。
読了日:01月21日 著者:帚木 蓬生
ヒトラーの防具(上) (新潮文庫)ヒトラーの防具(上) (新潮文庫)感想
第二次世界大戦をドイツから見つめられる。帚木蓬生氏が書く奥深い文章で読んでみたいと思う。ヒトラー、ナチスと言う文字に触れるだけで反吐がでるほど嫌な気分になる。プロローグはそんな現代にヒトラー閣下に「贈」記された剣道防具、日本人が記したノートが見つかる。何故?不快をあらわにする現代から、贈呈の場面へ遡る、崇拝されるヒトラー、神と称えられるヒトラー(めちゃ不快である)記録した香田陸軍隊士は違った、ナチスは変だと思い、戦争を回避したい願う。神は人間を作る時人種を一つにすればヒトラーは生まれなかった?戦争は始まる
読了日:01月19日 著者:帚木 蓬生
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)感想
映画は原作に忠実に作られたのだと思う。本を読みながら映画のシーンが思い浮かびます。武田先生を演じた樹木希林さんが蘇りました。森下さんがお茶を習い始めたのは武田先生が44歳(本に書かれている)樹木希林さんはふっくらした頬、溌剌とした44歳を演じていました。日々是好日、晴れの日だけではなく雨の日もみな日々いい日と感じ生きる。残念ながら「お茶」の心得はないが人生66年生きていると季節の音を人生の音を快く感じることができるようになる。今日は成人式「生きる物語を作って」と新聞に書かれていました。日々是好日を感じる。
読了日:01月14日 著者:森下 典子
無私の日本人 (文春文庫)無私の日本人 (文春文庫)感想
見返りも求める現在、利益がなければ事をしない現在、自分のことを第一に考える現在、この暗澹たる現在に光を見出したいと思う作者の姿はテレビを視聴していても感じる。「穀田屋十三郎」日本人にこういう心があると言うことを自らにも刻みたい。「中根東里」無の方、作者磯田道史氏を彷彿させられる。「太田垣蓮月」「あだ見方勝つも負くるも哀れなり同じ御国の人と思えば」と歌を詠み西郷の江戸城総攻撃を思い止めたのではないと言われている。「西郷どん」の監修も作者は携わったとか。歴史の文献には「人の愛」が記録されているの事を感じる。
読了日:01月06日 著者:磯田 道史

読書メーター

続きを読む "1月に読んだ本"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »