« 25年… | トップページ | ヨーガ »

裁断

先週の木曜日は和裁でした。

新しい浴衣の裁断
「これは柄合わせが大変!」と先生が言う。
「そのまま裁断すればいいのではないですか?」私
「そんなことしてはだめです。」

え~~と何柄と言ったかなぁ
飛び柄だったかなぁ
その配置が重なってはいけない。
リズムカルに合わせるのがコツらしい。

後ろから見たら柄が重ならないように
袖も考える

まずは身ごろ、袖、襟、おくみ等々裁断できるか目安で印付けをして下さい。
「絶対切ってはだめですよ」信用ない
なんか緊張しながらめっちゃ目安に気を使う
気ぃ使ったのにただ反物が足りるか見ただけ
要領わるっ!
反物が足りるとなってから柄合わせ
前のように順番に切っていくわけにいかない
いい柄を合わせる。

Dsc_6268

でこんな感じ。
ポンポンとリズムカルに♪
なってる。

「宿題袖を縫ってくる」と先生が言う
「無理です。忘れてます…」
そうそう糸がないし、とりあえず印付けだけしよう。
覚えているかなぁ????

|

« 25年… | トップページ | ヨーガ »

私の習い事」カテゴリの記事

コメント

洋服でも 柄合わせがあるんよ。
洋服は ずれないように 真ピンを打って使いますが
和服は ずらしますね。面白いね。何かを作るって
素敵な仕事と思います。

投稿: 小紋 | 2020年1月21日 (火) 08時21分

シマシマの生地合わせたわぁ

できあがった浴衣も襟の中心がずれていて
やり直さないとあかんかなぁ
お師匠さん、みんな知っているだろうって
教えてくれるから初心者はウロウロ
縫う前にずれているのを発見して欲しかった。
人間(私)作りあがていかんと大変な仕事です(*'▽')

投稿: 小紋さんへ | 2020年1月21日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25年… | トップページ | ヨーガ »