« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

中止

298d6ef9b37fcb2450da21de3d2b49d0

友と終わったら一杯やっか、なんて言っていたのに
世の言うことに従わなければいかん…かなぁ

昨日まで中止の考えはなかったと思う。
国の流れ、世の流れ、右へ倣い状態です。
中止と言うことよりそのことがショックです。

孫の卒業式も…
全学校、明日から春休みまで休校
そんな光景で震災の時を思い出しました。
高校の息子は修学旅行は中止、娘は私学の高校入試の中止
もちろん、学校は休校しました(神戸だけだけど)
あの時はそうなることが当たり前、子供たちも理解していたと思います。

今回は…
経済の利益を重視している(オリンピックを行う)見え見えです。
人々の気持ちを重視し、だからこうしなければいけないという姿勢が見たいです。
子どもたちも傷つき、親も傷つけ、小さな企業が破綻する、家庭の経済が破綻する
大丈夫なのでしょうか?日本

娘と孫の初めてのベトナムの旅も中止
日本のニュースにはならないのですが、早くから学校の休校
中国のビザの発行中止、韓国、日本人の2週間の隔離
日本の旅行者がベトナムに入る時2週間の隔離をする?
どんなことがあっても進めるタイプの娘ですが中止せざる得ないでしょう。
いや~~~一人だったら行っているかも、そこは母親だった。

今朝のラジオで
学校の先生「明日〈今日)1日で生徒と別れないといけない。どう気持ちを持てば…」
みんな大丈夫かなぁ。

| | コメント (2)

ゴッホ展

兵庫県立美術館に「ゴッホ」が来ている。

86713734_2636534726459059_74425835568968
シンボルのカエルくん近く感じる。

27歳で画家にを志す
その時に描いた水彩画などから展示されている。
ハーグで影響を受けた画家たちの絵画も展示さている。

パリに移り、印象派の影響を受ける
モネやセザンヌも展示されいる。

アルルに移りそこで開花する
その頃のゴッホの描く絵画は優しい色である。

サンレミの教会に入院した頃からの絵が好きです。
点描画のような流れている点に引き込まれる。

パリで書かれた「花瓶の花」

86462535_2636534876459044_65641431343206
ゴッホの描く花に不思議な魅了を感じる。

サンレミで描いた「薔薇」は花が迫ってくるが美しい。

86728924_2637017213077477_45250939930667
図録の表紙になっている。

この美しさを描くことができるのに何故自殺を
繊細な人なのだろう。

閲覧の後
原田マハさんの講演を視聴してきました。
たゆたえども沈まず」の本ようにゴッホを語ってくれました。

27歳から亡くなる37歳までの10年間に2千点の絵を描いたと
マハさん計算してました。
365日が10年、3650日
そっか、やはり2日間に1つ絵を仕上げる計算
マハさん、講演しながら絶句してました(その時気がついたようです)
ホントですね。すごいですね。

| | コメント (2)

10年

システムキッチンの食洗器と風呂場の換気扇、10年法定点検と言う通知がきていた。
2年前にきていたのだがほって置いた。(強制ではないので)
まぁしておいた方がいいかなぁと思い、先日実施
消費税上がる前の方が得だった思う。

風呂場の換気扇は何もなくクリアー
食洗器はいろいろと不都合が…
上から目線で洗い物を入れていて、中をのぞいたこともなかった。
あぁぁぁ~取扱説明書も読んでなかった。

引き出し式なので引き出しをキチンと閉まるようにパッキングがついていた。
箸や鍋や突起物が突き出ていて無理に引き出しを閉めるとそのパッキング避ける。
そんな知らんで無理に閉めること多々…
奥を覗くと水垢(石灰のような)いっぱい…
そんなこんなで水漏れや詰まったらアウトのようだ。
この状況だと時間の問題ですと言われた(パナソニックの業者さん、信じていいと思う)
で、修理、4万弱かかったかなぁ

空気清浄機と加湿器も10年経ったらフェルトを取り換えて下さいと提示されている。
これも掘ってあったが…取り替えよう。
ネットで部品を取り寄せて交換
Dsc_6299
これは加湿器のフィルター
すごっ!
これも水垢(石灰のような)
これがおさまっているところも掃除したことがない。
泥のような埃が水と混ざってドロドロ

Dsc_6300
この子、きれいになりました。

10年、部品の交換をしないと機能も果たさないし壊れるだろう。

これから10年目
食洗器も換気扇も空気清浄機も交換部品はなくなるだろう。
10年後どんな選択をするのか?

自分の年齢と共に物の価値も変わっていく。
10年、長いようで短いかも。

| | コメント (2)

冬だよ

今朝は寒い。
チラチラと雪が舞い散っています。

ゴォゴォと炎が見える、ストーブが欲しい。
我が家は石油ファンヒータ一台、エアコン、遠赤外線のストーブ
頼りなげな暖房器具です(全体を温めるが)
あぁぁぁ~レンジもIH、ガスの炎が欲しい。

なんて思いながら朝の仕事が一段落
亀、どない????

Dsc_6284 Dsc_6286

初氷
でも薄い、2年前だったか5㎝位の厚氷が蓋になっている状態に
それでも亀さんは元気です。
多分、半冬眠かなぁ。「やっと冬が来た」と思っているかも

Dsc_6287
シクラメンの葉にもちょっぴり積もった雪
白い花が「寒っ!」と言っている。

ただ今冬越し中のアゲハチョウの蛹

Dsc_6289

暖かかったから春と間違えて、蝶のならんか心配したが
「寒いぞまだ冬だ}と確認してくれただろう。
なんか枯れ葉色なんだけど、よう考えています。

なんかお汁粉食べたい。

| | コメント (2)

玄米

玄米が気になっていました。

84418342_2605563802889485_14326620317894
先日、友とランチしたお店は自然食
「五穀米にしますか?玄米にしますか?」
玄米を食べてみる(圧力釜で炊いた)
美味しかった。

で、玄米挑戦
83944470_2605563472889518_81549980243266 84098547_2605563522889513_11204911729223

この鍋、この間買いました。
一人鍋作るのにも楽しいかと思って、我が家はIHなので鍋を選びます。

ネットで玄米の炊き方(土鍋)を検索して
2合でのっていたが単純に水半分にすればいいかと1合炊く
水につけて、夕飯作りながら火にかけた(タイマーかけて)
炊く前は、音きいて炊けたか確認と思っていた。
そんなことすっかり忘れ…
ピーと火が消えるまでそのまま。

84688128_2605563579556174_69170192150230

見事、焦げた、固い…
83945142_2605563736222825_81730359334870
まぁ結構うまい。
ワイン飲みながら、つまみのようにボリボリ(?)

翌日は炊飯器で炊いた。
やっぱ、こっちゃの方が美味しかった(やわらかいし)

一人暮らしの従兄が小豆入れたり何か入れたらうまいよ
今度やってみよう。
玄米ご飯と味噌汁とお漬物
一汁一菜で十分です。

| | コメント (2)

1月に読んだ本

炬燵に入って本を読む。至福の時間でした。
バラエティに富んだ本たちです。
「壬生義士伝」はめっちゃ感動の本です。大好きな本になりました。
「悪の教典」婿君が実家からもらってきた本、そりゃぁ~~~すごい奴やった。

1月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:3996
ナイス数:211

悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)感想
すごいぜ。上の感想で下はこやつ(蓮実教師)ズタズタにするかもしれないと書いたが見事にズタズタにした。殺された烏の片割れが時々出没する。これは蓮実の妄想なのか?弱さを書きたかったのかなぁ貴志氏は?サイコキラーであるけど腐った陰湿なものは読み手には残らない。逆にスカッとした「やるぜ蓮実先生」と言う気にさせる。劇画にすると迫力、酷さがドカンドカン伝わるだろう。映画化されたようです。それも山田孝之が出演とそれも見てみたい。監督さんがあとがきを書いてます。これを読むとなぜスカッと感じたかがわかる。
読了日:01月31日 著者:貴志 祐介
悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)感想
貴志祐介氏の本は精神が強くないと読めないというのは毎度のことだが、こんな教師おらんやろう!おぅタイトルの通り「悪の教典」悪の教師、悪の人間や。人間の心には、論理、感情、直感、感覚という、4つの機能があると本文に書かれている。確かに直感と感覚で人を判断することがある。人間の奥の奥のものを見抜くときがある。ここに登場する蓮実教師、暴いてみたい。さぁ下巻ではズタズタにされるか?生き延びてしまうのか?どっちがいいかなぁ。読者の精神をもズタズタにする貴志祐介氏の本が魅力的である(と感じる私も怖い)
読了日:01月29日 著者:貴志 祐介
劇場劇場感想
主人公の永田が又吉氏とずっとダブっていた。フアフアと宙に浮いているような物語かなぁ。いやもっと奥が深いのかなぁ?人を愛することは自由だし決められたやり方はない。私には向かない愛だなぁと思った。本読んでいて精神も肉体も束縛されない一人暮らしの場所があるといいと思った。「火花」を読んだと思っていたが感想を探したけどない。そう言えば図書館に予約をしていてテレビでなんとなく見てやめたなと思い出した。又吉さんのエッセイはおもしろいです。

読了日:01月21日 著者:又吉 直樹
晴れたらいいね (光文社文庫)晴れたらいいね (光文社文庫)感想
「晴れたらいいね」タイトルと表紙(表示されたのと違うのだが)がいい感じと図書館から借りることにした。文中でも出てくるがドリカムの「晴れたらいいね」が歌われている。看護師高橋沙穂さんが勤めている病院、老人病棟、意識のない老人いる病棟、なんか虚しいなぁと思っていたら突然戦中のマニラにタイムスリップする(担当の老人の若かりし頃なのだが)青春小説って感じかなぁ。ドリカムの歌はいいね。
読了日:01月20日 著者:藤岡 陽子
壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)感想
本を読みながら泣くということはあまりない。がこの本はだめだった。人と人の思いやり、愛する心、慈悲の心…語りの中に溢れている。鳥羽伏見の戦いがなければ戊辰戦争がなければ薩摩がいなければと思ったが武士の心はどちらにもあったと読み取れた。岩手山、南には早池峰。北には姫神山北上川と中津川と合流する先に不来方の城跡。その地に咲く石割桜を吉村貫一郎氏を思い訪れてみたい。きっと涙をためながら見ることになるだろう。岩手山も東北の山々は優しさと温かさがあると20年ほど前に訪れた時に感じた。本を読み終わりそのことに納得した。
読了日:01月16日 著者:浅田 次郎
異邦人(いりびと) (PHP文芸文庫)異邦人(いりびと) (PHP文芸文庫)感想
異邦人と書いて入り人(いりびと)とよむ。京都の言葉で京都以外の土地で生まれ、京都に住む人のことと解説にかいてあります。夜の新幹線の京都駅から話は始まる。そして平安神宮の枝垂れ桜、文中は見ごろのではないのだが、十年ほど前ライトアップの枝垂れ桜を見た。絢爛豪華の中の妖麗で美しい。京都が美しく書かれているが、ストリーは私には未知のことで頭に入ってこない。震災の原発と結び付けているが臨場感がないと思う。ラストの展開がおもしろかった。
読了日:01月14日 著者:原田 マハ
壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)感想
幕末はおもしろい。壬生義士こと新選組の中のお人から話を語られることに興味をそそられる。この本の主となる「吉村貫一郎」自身が南部訛りで語りだすところから物語は始まる。場面は切り換わり、幕末の時代から大正の時代に取材をしている(この人物は誰?)取材を受けて語りだす新選組の生き残りの語りも何とも言えない。残虐な切腹シーン、冷酷な新選組が赤軍派のように思えてくる。語りが落語のようなリズムは笑いも誘うし、読むうち涙するヒューマンさも感じる。実にうまい。そして新選組がおもしろい。ここいらで一服、下巻を楽しもう。
読了日:01月12日 著者:浅田 次郎
錨を上げよ <四> 抜錨篇 (幻冬舎文庫)錨を上げよ <四> 抜錨篇 (幻冬舎文庫)感想
読み終わった!百田氏31歳の時に書いた作品ということで主人公作田又三のストリーも30歳で終わっている。私は女だけど人生、10代そこを脱したいと思うと怖いもの知らずで突き進む(今ではできん)学校を卒業して世に出ると3年同じことをしていられるかと思いながら人生ってなんだ!と考える。結構又三の考えと似ているかも?結婚し子育等々人生目的を探さんでも向こうからやってくる。30代から人生もまた面白い。又三の30歳から人生も読んでみたい。百田氏、金儲けの色が見える本は好きではない。この本はいかんだったのか?
読了日:01月07日 著者:百田 尚樹
錨を上げよ <三> 漂流篇 (幻冬舎文庫)錨を上げよ <三> 漂流篇 (幻冬舎文庫)感想
作田又三は未熟児で生き死をさまよって生まれた。が、幼いころから手の付けられないやんちゃ坊主、学生時代もすげぇ奴、就職したと思ったら大学へ行く。波乱万丈というかやりたい放題という人生。三巻読み終わってこんな奴いないだろう。三巻ではもしかしたら品行方正の道へ行くのか、それはないよ又三さんと呼び掛けていた。そう言えば本を読みながら又三によく呼びかけている「そんなことしたあかんよ」「やめなはれ!」さぁ四巻にて着地はいかに?。めっちゃ飛ばし読みで読み終えた三巻である。
読了日:01月06日 著者:百田 尚樹
錨を上げよ <二> 座礁篇 (幻冬舎文庫)錨を上げよ <二> 座礁篇 (幻冬舎文庫)感想
解説に百田尚樹という人の長所・短所・過去・未来すべてがある。と書かれている。百田氏に感じる(著書も含めて)嫌いな部分と好きな部分が極端に自分の中で感じるものがある。「二」ではその両方の部分が見え隠れるする。本自体は粗削りであると思う。まとまりがないというか何でも思ったことを書き連ねている。その中に好きな部分と嫌いな部分がある。そう思いながら読むとなかなか面白い。「三」ではどう感じるか愉しみでもある。
読了日:01月05日 著者:百田 尚樹

読書メーター

| | コメント (2)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »