« 東村山 | トップページ | 感謝状 »

4月です。

3月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1256
ナイス数:107

d design travel EHIMEd design travel EHIME感想
愛媛県は何回か旅をしている、道後温泉も高知からの延長線上今治も大三島も香川からしまなみ海道渡りぃの広島、運転中に見つけたタオル館にも入館(感激)、大三島神社の神木に感動したのも記憶にある。そっか今治って愛媛県なんだと言う感じ。鯛やで鯛めし食べたい、砥部焼にも会いたい、サントリーバー露口でも飲みたい、表紙の畔地梅太郎記念館には絶対行きたい。愛媛県車で回れそうに思う。神藤秀人さん編集部日記は旅をした気分にさせてくれる。高知も香川も読んで行きたい~と思っているが、愛媛県行きやすいかも愛媛ぐるぐる持って旅しよう。
読了日:03月24日 著者:
終わらざる夏 下 (集英社文庫)終わらざる夏 下 (集英社文庫)感想
占守島の戦いがあったということを頭に刻んでおきたい。何かを守る。占守島で戦った人たちもそれぞれ何かを守った。逃げることができないところに置かれた人間の醜さより美しさが心に残る。「カムイン・ウン・クレ。カムイン・ウン・クレ。(神はわれらを造りたもう)」1600年代先住民クリルアイヌはこの言葉唱えながら誰も恨むでもなく、静かに占守島から色丹島に移住された。今の世も「カムイン・ウン・クレ。カムイン・ウン・クレ。」とつぶやいてみることが必要かも
読了日:03月18日 著者:浅田 次郎
終わらざる夏 中 (集英社文庫)終わらざる夏 中 (集英社文庫)感想
占守島のシュムシュはクリルアイヌ語で「シーモリア」が訛ったものと伝えられている。意味は「美しき島」あるいは「親なる島」である。クリスアイヌは先住民である。明治8年に千島列島はは日本の領土になった。クリルアイヌを色丹島に移住させたその後も占守島は日本人に寄って変えられていく、詳しく本に書かれている。戦争の終わる直前に召集された3人は占守島に到着。敗戦を迎える(迎えた)日本本土だが占守島ではこれから戦いが始まる。幸せな道が待っているとは思えない。国の決める方針は何を思い決められるのか?この時代にも思う。
読了日:03月12日 著者:浅田 次郎
終わらざる夏 上 (集英社文庫)終わらざる夏 上 (集英社文庫)感想
択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島はロシアから返還でよくきくが千島列島の島々ロシアのカムチャッカ島に一番近い占守島、残念ながら聞いたことがなかった。「おもさげながんす」と言う言葉は浅田次郎氏の小説「壬生義士伝」で盛岡の人達が使う言葉で書かれていた。終戦が近いと思われる20年に召集される4人はこの盛岡の片田舎の出身者。国の命令、天皇の命令(表される)有無もない時代である。新コロナウィルスで国が要請を出す。何か自分とは違う考えに誘導されていく。戦争時代に戻ってはいけない。物語は未知の島占守島で繰り広げられる。
読了日:03月07日 著者:浅田 次郎

読書メーター

本屋に行こうと♪

|

« 東村山 | トップページ | 感謝状 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

終わらざる夏は 読みとおせなかった
もう一度 挑戦します。
今日から 図書館 あく予定だったけれど
近くの町に 患者が出て また 一か月伸びました。
アマゾンの お世話になってます。

投稿: 小紋 | 2020年4月 1日 (水) 19時29分

ふふふ私も中飛ばしって感じ
思いはわかるがちょっとまどろっこしいかなぁ
感想書きたいから一応最後まで

図書館あいたかも。
そうそう浅田次郎氏の一刀何とかだっけ
図書館で探したけどなかった予約したかなぁ

投稿: 小紋さんへ | 2020年4月 2日 (木) 09時03分

一刀斎夢録だよ
大名倒産も 面白い!

投稿: 小紋 | 2020年4月 2日 (木) 12時15分

大名倒産もう読んだ。
予約しているけどいつになるかぁ
文庫が出たら買うけど。

投稿: 小紋さんへ | 2020年4月 3日 (金) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東村山 | トップページ | 感謝状 »