« 敬意 | トップページ | 前を見よう。 »

クリアー

雨降るなか大学病院に行ってきました。
車です。
街を目指す山越えの道路はいつも渋滞します。
今朝も渋滞していました、でもいつもに比べたらぐっと少ないのかもしれません。
病院の前、駐車場に「空」のマークが(嬉しい)

ついたのが9時過ぎ、いつもならあいていることはない。
駐車場の前の道路に車が並んでいることは多々ある。

病院を訪れる人が少ないのです。
受付も並ぶことなく。
整形外科もガラガラです。
9時半に予約で殆ど時間通り。

肝心なのは診断です。
CDを持参、経過を話します。
紹介に至った理由も話すと「なるほど」と頷いてくれます。

1週間前は酷い状態だったのですが膝の水を抜き落ち着いてくると
あらゆるところが元気を取りもどして。
私が推測するには掌蹠膿疱症と言う病気が痛み、熱、倦怠感に関係していると思います。
11月の寒くなると症状が出て、暖かくなると抜けていく。

その旨も話をすると、きく耳を持ってくれました。
今まで通った医者はそのことに耳を傾けようとしてくれませんでした。

診断は10年前に折った時に壊死が始まっていた。
その事は10年前の治療の最後にMRIを撮って説明は受けていました。
それを説明するとわかっているのですねと言われました。
「壊死じたいは治るものではありません、いずれは人工関節を入れないといけないでしょう」
「コロナウィルスが落ち着いてからにしましょうか」これは私です。
「そうですね、実際に今手術となると、ここではできません。どうしても必要な方は他の所に頼んでいます。」
「定期的に通ってもらいましょうか。2~3ヶ月、いや怖いですよね病院に来るの9月でも」
とりあえず7月にしました。

この病院はコロナウィルスの感染患者は受け入れてません。
市立の病院に院内感染が発生してので、救急患者の一部をこの病院で受け入れると新聞に書いてありました。
入院患者の面会は一斉だめです。
医療用マスクないと新聞の記事にのっていました。(そういえばインター?そばにいた先生はマスクしてなかったかも)
その助士?の先生が次から私の担当になります。
若い感じのいい先生です。

会計をする時も人から2メートル離れて、入り口の換気のよい所で待っていました。
エレベーターのボタンも駐車慮の精算ボタンもテッシュをもって押しました。

「駐車場もあいてました」と医師に言うと「それはよかった、いつもだったらいっぱいですよ」
恐々やってきた病院だけどすいていることはらくでした。
でも2週間は人とあわないようにしよう(美容室も断りました)

私は一つクリアーしました。

ふ~ん話 医師に体の事を説明(他の病気も)次から次へと出てくる。
今、医療補助しながら生活していることも…
楽し、おかしく生きているが、大変やなぁ私。と思ってしまった。


Dsc_6407
全世界もクリアーできる方向に向かって下さい。

|

« 敬意 | トップページ | 前を見よう。 »

怪我」カテゴリの記事

コメント

日頃 さばききれないほどの患者に接していると
つい 望むような会話 接待?が できないが
人が少ないと 落ち着いて 耳を傾ける態勢になるのかもしれん とか思いました。
良い先生に会えましたね。
自分の思うところを 聞いてもらえて 一番良かった!

投稿: 小紋 | 2020年4月14日 (火) 17時25分

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
ありがとう。
テレビでコロナを説明する医師が出てきます。
優しく、ゆっくり、落ち着いて話す人が多いです。

肺がんでこの病院を受診した時
呼吸内科の先生、「ここに戻ってきてはいけません大丈夫です」と手術可能なら呼吸外科に行く。
手術ができない場合はここに戻る。
優しかった言葉に助けられました。

医療従事者は大変です。

投稿: 小紋さんへ | 2020年4月15日 (水) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敬意 | トップページ | 前を見よう。 »