« 掃除 | トップページ | 5月に読んだ本 »

経過

2週間前は痛さの中にもがき苦しんでいたのだ。
医学は症状を柔らいでくれることを確認した。

1週間目から処方している「ケアラム」リウマチの薬で開発された。
ロキソニンの成分に似ている、痛み止めの役割をするかもしれませんと医師
(私の記憶が定かではないかもしれません。私の主観として読んでください)

1日1回、朝食後に飲む。
朝、身体はこわばり、痛みが走る、手首は手は熱をもって痛さを感じる
(とは言っても2週間前よりも100倍くらいらくです。痛さが耐えられなくなって痛み止め必死に飲む日々でした)
痛み止め飲まずに朝食後、ケアラム、ブレドニア(ステロイド)、胃の薬を、飲む

朝風呂に入りサッパリ(足腰が動かなかったがかなり動く。)
湯船に浸かると痛みがすーと抜けるよう「気持ちいい」。
数時間経つと薬が効いてくるのか、身体が軽くなる。
痛み止めは1日飲まなかった。
夜はちょっと身体がこわばり、痛みが出てくる。

2日目もほとんど同じ
生協の注文、カタログを見る気もしなかったのに…
夕飯の支度、手がこわばるので包丁はもちたくない、火を使って調理はしたくない。
で、生協さんに冷凍のチンしたら食べられるおかずを注文(食欲はあります。)

3日目は買い物に行く
買い物ではなく、泌尿器科に行く(この病気とは関係なく)
車運転していく。車を運転すると集中するのか、身体の異常を忘れる。
買い物もする。(日常生活が少し戻る)
疲れれたが夜までいい感じで過ごす。
薬は前日と同じ
夜の痛さがだいぶ軽減されている。
使うことで手の関節等々が動きやすくなる。

4日目病院へ行く
肺がんの検診のPET検査(この病気で画像が見たいと医師)
30分程度運転。ちょっと緊張。
通常に歩く(2週間前までは車椅子だった)
PETの検査室、看護師さんと研修生が多い
薬入れるために針を腕に入れる、「研修生」と言う名札
「研修生さんですか?」リラックスさせようと声をかけたのだが私
その一言で緊張したかなぁ、手が震えている。
若い子ばかり気持ちいいです(患者は年寄りが多いかなぁ、抗ガン治療をしている人もいる)
無事終わり、帰りも運転OK
買い物にも寄る。
夜も疲れが出ず、よかった。

5日目
全体的に硬直、痛さはますます軽減してきている。
この日は「掃除」ブログに書きました。
なんか、テレコしているかなぁ(まぁ適当にこんな感じ)
本も一冊読みました。
昼間、ボーとウトウトしていることが多かった数週間、夜も眠れない…
ラジオ(スマホ)で好きな番組を聴く(流していると言う感じかなぁ、でも救われました)
それがなくなり、夜はしっかり眠る。(嬉しいです)

6日目〈今日)
痛み止めは1週間飲まず。
通常の生活が戻ってくる。実感!
明日は1週間ぶりの診察です。
B型肝炎のウィルスです。

100571495_2876308839148312_7625508189718
昨日の夕日

キッチンの雨戸を閉めようとしたら、きれいな夕焼けが
スマホをもって2階へ

ほら、こんなことをしようと思う身体。すごくない。
痛く辛い時は必死にどうしたいい?と一人苦しんでいました。
友達が手を差し伸べてくれて、みんなが話をきいてくれる(私も言うのだが)
めっちゃ嬉しいことです。
生きていれば楽しいこといっぱいあると言うことも確認しました。

追加の症状
すっかり忘れてました。
熱です。微熱は11月の末頃から始まりました。
寝汗は毎日、夜中にビショビショになったものを取り替えること数回
シーツ、毛布、布団カバーもぬれる。
この頃は朝になると熱は下がり、洗濯ができていました。
ここ2か月くらいは38度以上の熱も出るようになって…しんどかった。
熱が出ると身体の倦怠感は増します。食欲もなくなります。

ステロイド剤を飲みだしてから熱はでなくなったと(計るのを忘れてる)
今週は熱を計るのを忘れている。
暑さは感じません、いつもフリーズを着ています。
ここ数日ぐっすり眠ると寝汗かきます。(でもしんどくないです)

体重はいつも計ってないので、多分元気な昨年には52キロ位あったのでわ。
PETをするのに体重計にのりました。47.5キロ
わぁ~~~しんどかったのだなぁと改めて思った自分です。
元気になったらすぐ戻ると思います。

|

« 掃除 | トップページ | 5月に読んだ本 »

掌蹠膿疱症」カテゴリの記事

コメント

あの手の写真を見ただけで どんだけ苦しいかわかった。
信じられない体の精巧なつくり  何かを訴えて ああなるんだよね。痛み止めを飲む間隔があいて 掃除もできて
ブログもかけて 本当によかった!!! 
!マーク  三つくらい入れてもいいよね!

投稿: 小紋 | 2020年5月31日 (日) 10時25分

滑膜、骨と筋肉と皮膚の間にあるもの。
ここにしこりができると肩がこるとか言われる。
ここに免疫が過剰攻撃してくれるようです。
良かれと思ってやっているのだろうね。
「ばか!」「あほっ!」と言ってやりたい。

こんなメカニズムもわかってきたのは最近だと思います。
医学には助けられました!!!!
「!」マーク4つにしておきました(*^^)v

投稿: 小紋さんへ | 2020年5月31日 (日) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掃除 | トップページ | 5月に読んだ本 »