« 治らん… | トップページ | がっかり »

もう7月

6月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1177
ナイス数:152

べらぼうくんべらぼうくん感想
べらぼうを辞書で引いてみた「余りにもひどいさま。はなはだしいさま。~ばか者(あほな人と後書きに書いてある)、「べらぼうなことをやった」って言葉なかったかなぁ?すごいことをやったと解釈していた。万城目さんはすごい人だよと思いながら、読んでいた。高校時代から小説を書き上げるまで人生がおもしろい。私の万城目さんデビュー作は「鴨川ホルモー」である。書いてもらわないとアカン!よかったフロッピーが入れ込めて、偶然で必然な人生かなぁ。小説は書けないけど京大にも入れないけど感覚が似ている、日簿2級を取得1級取りたかった私
読了日:06月23日 著者:万城目 学
風神雷神 Juppiter,Aeolus(下)風神雷神 Juppiter,Aeolus(下)感想
原田マハさんの空想の世界なのか、いやそれはわからない、天正の時代に実際、あったことかもしれない。天正少年使節団の話は事実である(若桑みどり著「クアトロ・ラガッツィ天正少年使節と世界帝国」に敬意を表したいと後書きにマハさんが書いている。この本も興味津々。ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョと言う画家も同じ時代に実在する。「夢」のような話であり「夢」ではない。知識豊富な原田マハさんであるから書ける物語である。俵屋宗達「風神雷神」、「ユピテル・アイオロス」にも会いに行きたいです。
読了日:06月18日 著者:原田 マハ
風神雷神 Juppiter,Aeolus(上)風神雷神 Juppiter,Aeolus(上)感想
プロローグは現代、京都博物館の研究員望月彩の登場から始まる。望月彩が俵屋宗達を調べるという展開で物語が進むと思ったが、第一章に天正8年の時代に遡る。この展開も見事と思う。小難しくもなく、伝わりやすい文の中に織田信長が登場し狩野永徳が登場する。安部龍太郎氏「等伯」を読むと底意地の悪い永徳が出てくる。そのイメージから一新しました。「洛中洛外屏風図」を描く場面、永徳、宗達にも驚くが細かい描写も文章にする原田マハ氏観察力も素晴らしいです。すっかり宗達の物語になり、ローマに渡る下巻はどう書かれるのか、楽しみです。
読了日:06月13日 著者:原田 マハ
ライオンのおやつライオンのおやつ感想
友達が読んだ本をお見舞いがてら送ってくれた(図書館に予約していたのだが)縁があったのだ。ちょっと身体が壊れている私には共感することが多々見つけられる。主人公雫さんのような可愛さはもっていないが、辛い中に幸せを見つける得意である。本を読んでいると雫さんはライオンの家に1年以上いたのではと言う錯覚に、2か月ちょっとの中に幸せがいっぱい詰まっていたのでしょう。最後のおやつは何をリクエストしますか?孫と食べた赤福、20歳の頃に亡くなった先輩と寿司屋で飲んだビールこれが真実かなぁ。この本も幸せを感じる本です。
読了日:06月06日 著者:小川糸
刑事の約束 刑事・夏目信人 (講談社文庫)刑事の約束 刑事・夏目信人 (講談社文庫)感想
夏目信人シリーズ、一番新しい「刑事の怒り」から読み始める。ワン事件ごとの短編集が物足りないと思ったのだが、「刑事の約束」の5編は人間の奥深い心理を犯罪と結び付け夏目刑事の優しいまなざしから解いていく。感動ものです。ワン区切りで一物語は終わったと思わせておいて最後の章にその事件で植えられた心理が復活する。見事である。人間には自分でも気がつかない奥底に潜む怪しい心動きがある。夏目刑事が私の前にあられたら「怖い」と感じる。夏目シリーズ面白かったです。早く続編が書かれますように。
読了日:06月05日 著者:薬丸岳

読書メーター

6月は本が読む力でてきた(嬉しい)
図書館から予約本がありますと借りに行ったら分厚い本ばかり…
これが持てない…寝転んで読んでいると手が力尽きる。
「愛なき世界」三浦しをんさんを読み始めたがこれまためっちゃ分厚い
3日返却しないといけない(次に予約の人がいる)
アカンなぁ~~手が元気になったらまた借りよう(面白そうです)

感謝
本好きと知っている友達から本の差し入れが声をかけてくれる人も
おかげ様で読む本がたくさんあります。

よかったこと
本とラジオ(たまにテレビも)大好きです。
本を読めなかった時はラジオをずっと聴いてました(rajikoで)

|

« 治らん… | トップページ | がっかり »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

本を読める幸せ 幸せよねえ。
読めるようになってよかったね ほんと。
なるべく薄い本がいいね 新書なんか楽。
西條奈加 「わかれ縁」
垣谷 美雨 「うちの父が運転をやめません」
どっちも よかった (澤田・・・の 京都の公事宿の物語は 何冊も出てるのだが)西條さんのは 江戸の話
運転のほうは 認知に、買い物難民、 高校生の問題と 話題たくさんで 読ませます。

投稿: 小紋 | 2020年7月 1日 (水) 19時45分

幸せ幸せ♪
図書館の予約本を返して
小紋さんの送ってくれた本読みます。
友達の家にも本が待機しています(*^_^*)
本持っていくよと言われることの幸せを感じてます。
本を教えてくれる友の幸せも感じてます。
えっ運転やめた、認知症…それ誰かさんの家のこと(*ノωノ)

投稿: 小紋さんへ | 2020年7月 2日 (木) 07時24分

あれ、言ってなかったっけ?運転止めてくれたよ、で、飛びついて読んだ。こんなことなら、早く車買えば良かった!と、あとからいってもね。

投稿: 小紋 | 2020年7月 2日 (木) 09時12分

きいたよ
運転やめたこと
ホンマよかった(*'▽')

友の小父さん(おばさんが血がつながってる)
92歳とか言いていたかなぁ
病気になって認知が始まって、で、新車を欲しっがって
叔母さんは運転しない
そんなおじさんに新車を売った自動車屋
もちろん運転できない(おじさん)
数か月して引き取ってもらった(新古車で)
売るなよなぁと友は怒っていた!

車に固執するのだろうね
うちの父ちゃんもこの間乗ったけどへたくそやった。
何時やめるかなぁ?
何もないといいけど…
そういう私も小紋さんも運転には気をつけよう(*'▽')

投稿: 小紋さんへ | 2020年7月 2日 (木) 09時50分

はーい 気を付けます!

投稿: 小紋 | 2020年7月 2日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 治らん… | トップページ | がっかり »