« 秋眠 | トップページ | ドライブ »

10月の本

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:2093
ナイス数:162

d design travel OKAYAMAd design travel OKAYAMA感想
シリーズ何冊目の本になるかなぁ「OKAYAMA」。読んでいるだけで旅した気分になる「d design travel 」、岡山だったら車で行けるかかもしれないと読み始めた。旧閑谷小学校、奈義町美術館、行ける行けると頭で計画を立てる(これが楽しい)極みつけは倉敷(数年前に行った)滔々のお宿で一泊ゆっくり倉敷を散策、めっちゃ素敵。表紙の鬼も可愛いです。美味しいものがありそうなお店も載ってます。デニムも欲しいなぁ。もちろん編集部日記もワクワク読みました。あ~付録の地図とスタンプノートがなかったのが残念です。
読了日:09月30日 著者:
守教(下) (新潮文庫)守教(下) (新潮文庫)感想
読むのが怖かった、遠藤周作の「沈黙」読んでないがその映画「サイレンス」は観た。理不尽で狂暴で心をズタズタにする内容だった。前半で布教した大庄屋、庄屋、村人が拷問受ける内容は読みたくない、違った、「水神」を思い出す大庄屋と村人の繋がり、大庄屋の苦悩が胸に刺さる、その思いが村人にも伝わった。下は「禁教令」から始まる。弾圧、迫害、拷問も淡々と細かく書かれている。がイエズス会の言葉で言えば「慈愛」に満ちた本です。250年の間、今村の住人は隠れキリシタンを守り抜く、ここに「慈愛」があるのです。今村教会訪れてみたい。
読了日:09月26日 著者:帚木 蓬生
罪の声 (講談社文庫)罪の声 (講談社文庫)感想
星野源のオールナイトニッポンで”miu404”の脚本家野木亜希子等で打ち上げ的な放送の中でこの映画ことを言っていた。あまり内容も知らずに本を読み始めた。塩田武士氏初読み。実際に起こったグリコ事件等々を題材にしている。きつね目の男は実際に思い浮かべられる。現実と本(フィクション)との狭間がわからなくなる。相反する二方向から事件を攻めていく、二方向の二人が早く出会うといいと願うが…。この感想を書く前、映画の予告を見た。そうなんだ犯行に使った子供の声が罪をうんだ子供の人生も狂わされた。それで「罪の声」なんだ。
読了日:09月21日 著者:塩田武士
守教(上) (新潮文庫)守教(上) (新潮文庫)感想
帚木氏が九州を題材にした「水神」もいい本でした。昨年は五島列島を旅し、大分から日田を旅をしこの地域にも興味がありました。キリスト教の弾圧は酷いものだと認識しています。それらを帚木氏がどう語るかも興味があります。前半は永禄12年室町時代から始まりす。キリストの弾圧もなく大殿(大友宗麟)を中心にアルメイダ修道士の布教、心豊かに感じます。織田の時代から豊臣の時代になると伴天連追放令がでます。関ヶ原の戦いも客観的に書かれているのが面白いです。徳川の時代になり、いよいよ後半に弾圧の時代になります読みたくないかなぁ。
読了日:09月15日 著者:帚木 蓬生
危険なビーナス (講談社文庫)危険なビーナス (講談社文庫)感想
日曜劇場「半沢直樹」の次にするドラマが「危険なビーナス」ときいて読んでみました。主人公は妻夫木聡、恋人ではなく事件を追う相棒とでもいうのか吉高由里子らしい。二人ともイメージとはちょっと違うなぁ。主人公女好きの獣医、妻夫木聡がどうこなすか面白いかも。ストーリーは作り過ぎかなぁ。結末は気になるけど単純すぎて盛り上がりにかける。さぁ~~このストーリーをどうテレビで脚色されるか?テレビを見てみよう(日曜劇場の回し者ではありません)
読了日:09月04日 著者:東野 圭吾

読書メーター

🚙🚙🚙🚙🚙
10月いい季節です。
ホンダ君でドライブの季節です♪
10月、いい季節になるといいなぁ。

|

« 秋眠 | トップページ | ドライブ »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

岡山 なんてったって 吉備団子
新幹線で 売り子が来たら 必ず買います。
帚木さんの本 水神を読んだかな
精神科のお医者さんでしたね。帚木は 雨夜の品定めが出てくる 息子のセンター試験にも 帚木が出たのよ。
東大 そして 九大の医学部に進まれました。

投稿: 小紋 | 2020年10月 1日 (木) 18時53分

素敵なお宿が載ってます(倉敷)GOtoキャンペーンで1万円位安い、予約しよう。
ちょっと考えました。もう少し養生ですね。

帚木さん、大刀洗町今村を中学生の時自転車で走り回っていたのですって。
水神も筑後地方の話でした。
思いやりのある人間を書かせたら天下一品かなぁ
安楽病棟から読み始めたのだったかなぁ。

投稿: 小紋さんへ | 2020年10月 2日 (金) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋眠 | トップページ | ドライブ »