« はじまる | トップページ | 青春 »

12月に読んだ本

ブログ書くのはもう少ししたらと思っていましたが、本の記録がありました。
正月、本三昧
31日に一冊
1日に一冊
これも楽しい正月です。

 

12月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1417
ナイス数:115

2.43 清陰高校男子バレー部 2 (集英社文庫)2.43 清陰高校男子バレー部 2 (集英社文庫)感想
ちょっと漫画チックかなぁと感じるが高校生を見ているのはおもしろい、スポーツをしている子に悪い子はいないなんて単純に考えてしまう。自分たちで問題起こして自分たちで解決していく、あ~そんなことしていたかもしれない。私の時代も娘の時代も。解説に春高バレーは2011年に改正されたと書いてある。春の大会は新人戦だったような、3月の大会から1月に改正、卒業間近の3年生も出場できるようになった。そりゃぁ燃えるよね。今年はちょうど始まっているのかなぁ応援しよう高校バレー(新聞に出場高校載っていた)もちろん清陰高校も応援。
読了日:12月30日 著者:壁井 ユカコ
空気を読む脳 (講談社+α新書)空気を読む脳 (講談社+α新書)感想
脳はおもしろいドーパミン、セロトニン等々人によって人種によっても出る量が違う。自分でコントールすることもできない。集団心理に巻き込まれれば出る物質が異常に放出されることもある(こわっ)不倫を叩く心理もSNSの中では集団心理が左右されやすいのだろう。本を読み、脳知ると言うか自分の性格を分析している。人を管理するのも嫌いだが人から管理されるのはめっちゃ嫌いだ。だから身内の不倫にも興味はない。自分の不倫にも興味がない(そんなことは面倒だけど)結婚に向いてない。長生きをする脳、どっちかなぁ?脳の本また読んでみよう
読了日:12月26日 著者:中野信子
2.43 清陰高校男子バレー部 1 (集英社文庫)2.43 清陰高校男子バレー部 1 (集英社文庫)感想
孫が中学バレーボールに入部、「ハイキュー‼」に孫共々ハマる。私だって55年前に中学バレーをやっていた。読み始めたらとまらなくなった「青春」だ。55年前の青春を思い出す(本はすごいなぁ)憧れの先輩の名前から同期の子の名前も次から次へと蘇る。そうだよ、外の練習も多かった。2.43って何?と思った。春高バレーの決勝戦のネットの高さだって、普段は2.40mらしい。ポールを立ててネットをはったなぁ、本の中に入っていく14歳だよ、楽しい。その春高バレーを目指す2.43を目指す、黒羽と灰島、続き読まねば青春の感じねば。
読了日:12月19日 著者:壁井 ユカコ
妄想国語辞典 (扶桑社BOOKS)妄想国語辞典 (扶桑社BOOKS)感想
企画した野沢幸司さんすごい!←「文末にビックリマークをつける」印象をよくみせようとする。印象めっちゃいい本です。見せようとしてません(本心です)もう一つ好きな妄想言葉「ウェディングドレスでカレーうどん」リスクを伴う様。お見事!。第2弾をラジオで紹介していて、まずは第一弾を読んでと。すみません。古本で買ったら帯がついてなかった。金田一氏の帯読んでみたい。第2弾、新刊買おう。
読了日:12月16日 著者:野澤 幸司
ランチのアッコちゃん (双葉文庫)ランチのアッコちゃん (双葉文庫)感想
表紙のお弁当がとっても美味しそうと読んでみました。柚子麻子さん、多分は初読み。帯に「どんどん元気が出るスペシャルビタミン小説」元気でます。ビタミン補給された気分になります。世の中って持ちつ持たれつ、助け助けられ、68年生きていて、あの人に助けられていたかも(ただ通り過ぎた人と思ったのに)あの人助けていたかも(一緒に働いていただけだけど)なんてことを思い出しました。「パンとスープとネコ日和」最近ビデオで見ました。似ています。アッコちゃんは小林聡美さん(本はデッカイ人ぽぃけど)ちょっと疲れた時に読むと元気に。
読了日:12月14日 著者:柚木麻子
火天の城 (文春文庫)火天の城 (文春文庫)感想
新聞のコラムに神戸の「竹中大工道具館」が海外の人が行ってみたい博物館で1位?になった、そのコラムに紹介されていた「火天の城」山本兼一作、織田信長の時代の話にそそられて図書館に予約、山本氏初読み、今川義元の首をとる戦いから物語は始まる、焦点は武将の戦いではなく大工の総棟梁岡部又右エ門以言が織田信長の命令で安土城を建立、武将の戦いより凄まじさを感じる。織田が本能寺で光秀に謀反をかせられ、残った安土城はどうなったか?歴史上わかっているが安土城に行く末が気になる、視点を変えた戦国時代に新しい発見が安土城が見たい。
読了日:12月08日 著者:山本 兼一

読書メーター

|

« はじまる | トップページ | 青春 »

本紹介」カテゴリの記事

コメント

安土城の跡のあるところを 西湖の船から見たよ。
暑くて 熱中症みたいになったけど もう一度見たい。
信長が 比叡を焼いたのは あそこを抑えないと 今日の都を 取られるからと テレビでやってた。
歴史上の出来事としてしか見てないけれど どういう意味があったのか 考える力が欲しいです。

投稿: 小紋 | 2021年1月 2日 (土) 10時44分

比叡山の僧侶のすごさをテレビでしていたね
私も見た。
光秀もどうして信長を打ったか?
タイムスリップでもしてみないとわからない。
想像しながら歴史の本を読むのがおもしろい。
そしてその場所訪れてみたい。

投稿: 小紋さんへ | 2021年1月 3日 (日) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじまる | トップページ | 青春 »