私のつぶやき

思ったこと

アースボール(地球儀)

いろいろ起こる相撲
今場所の優勝は西前頭三枚目 栃ノ心(レヴァニ・ゴルガゼ)

出身はジョージア・ムツケタ

ジョージア?ジョージア州←アメリカかぁ
と思った。

27337022_1491610400951503_138568134

黒海の東側(?)
カスピ海の西側(?)
国旗が円の中に3国おさまっている。

1280pxnational_flag_of_georgia

ネットからもらってきた。「可愛い」
栃ノ心さん、頑張りました「おめでとうございます」

おまけ

20180127_175219

セント・クリストファー・ネイビスはどこでしょう?
調べました。
カリブ海に浮かぶ島々の一つ
島一つずつが国だぁ~~~すごっ!

国旗が沢山並んでいるのはヨーロッパの国々
地球はまあるい。

もうすぐオリンピック
探そう探そう国々を


| | コメント (3) | トラックバック (0)

~23年

1995年1月17日、阪神大震災から23年

今日はラジオで震災の関連を放送している
「あなたにとって忘れられないこと」

65年生きている中で

1995年1月17日の阪神大震災は忘れられないこと
いや忘れてはいけないこと
伝えなければいけないこと

ゴーンと揺れが来た時は「真っ暗」
何?と思ったら家が壊れる
娘の部屋で悲鳴をあげている
とっさに娘の部屋に
揺れている中、自分の体心は揺れなかった。
火事場の底力?
数秒で娘の布団の上に腕も足も延ばして守った。
鮮明にそのことを覚えている。

テレビから映し出される家の全壊
長田の燃える火事

人々は強かった。
あの日から23年

Dsc_2420
神戸の街には光りが灯っている。

1995年1月17日に阪神大震災が起こったことを忘れてはいけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

探す日々

孫を連れて温泉へ
夕飯の準備をと思っていたが
前日予約した「君の名」を見て、できず…

風呂の準備をして3人で温泉へ
孫たちは温泉は好きだがカラス行水で早いが

帰って来たら爺さんの夕飯の時間、6時がやってくる。
爺さん、15分待てと急いで仕度をする
「頂きます」と慌ただしく
私はビールが飲みたい~~~とやっとありつける。

食事の後はテレビ
「アンビリーバブル」東京オリンピック、懐かしい
調度孫の頃、私5年生やった(でした←関東の子でした)
9時になった孫たちは就寝
私は炬燵でうたた寝zzzzz
気がつけば11時、寝よう
と財布と一式、寝床に持っていく(これ震災から)
えっ!え~~~~~ぇ
免許を入れた財布がない・・・・・
風呂に小銭を入れて持っていく。
最後に下駄箱のキーを出して、風呂一式の道具が入ったカバンに
帰ってきて、洗濯物を洗濯機に
洗濯機の中をひっくり返し、車の中を見に行く。
ない、ない、ない、あ~~~ない。
1時までやっている風呂屋に電話
ない、ない、ない。ありませんと言われる。
もう一度繰り返し探す。
孫にききたいが寝てる・・・・
もう一度、自分の行動を思い出す。
洗濯機の前の窓際に「チョコン」とのってる。
あった!!!!!!
風呂屋に電話「ありました」
夜中11時半の出来事でした。
ゆっくり安心して寝られます。

朝起きて、娘に孫に報告
「知っていたよ」娘は置いてあるところを知っていたようです。

まぁ~~~そんなこんなで今年も探す日々、慌てる日々が始まりました。

26221012_1468362889942921_441394266
人形遊びなぞ、しないのに
リュックに入れてみんな持ってきた妹孫
あっもしかしたら姉孫に誘導されたかもしれません。

娘と孫たちは7日までいます。
明日は奈良に行こうかぁと言ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

想い出

2017年12月25日、姉が亡くなって1年
慌ただしい年末を過ごしたのは昨年だったのかぁ…
もう何年も経ったように思う。

姉が病気になって、姉を寛容な目で見ることはできなかった私
亡くなった時も姉に対し腹立だしさが残っていた。
その気持ちが雪解けのように溶けていく
1年経つ今では、楽しい「思い出」しか残っていない。
姉妹だからかなぁ

あちらはにぎやかです。
母も父もうるさい叔母も3人、ご先祖さんも沢山います。
にぎやかにクリスマスを迎えていることでしょう。
あちらでは一番若い姉です。

チョット後悔していること
看取ってあげたかったかなぁ
他の兄姉のしがらみもあったが…
本人の姉の真髄を知ることができかねた…
教訓 私は「素直な気持ちを伝えよう」
我儘ではなく、相手を思いやりながら自分の願いを言おう。

旅の想い出も沢山あります。
誕生日プレゼントの品も沢山あります。
パッチワークしていた姉の作った作品も沢山あります。

お花も沢山贈ってくれました。
残念ながら↓シャコバサボテンだけしか残ってません。
数年前にクリスマスに贈ってくれたものです。

Collage1514073598208

薄いピンクが咲き終わってしまって(ちょっと前まで見事でした)

私が生きている間は12月25日「姉の想い出」を思い出す日
姉妹に生まれた縁はいいものです。

続きを読む "想い出"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス

子どもたちが巣立つと「クリスマス」と言う行事は消える?

いつまでも起きて待つサンタクロースに
苦労したあの頃懐かしい。
娘が書いたサンタさんへの手紙
持ってます私。

24900022_1441918305920713_555432279

姉から届いたクリスマスリース
消えた行事が玄関に戻ってきました。

24796352_1440494656063078_607014041

神戸の街も「世界一のクリスマスツリー」と表していましたが
富山から来たあすなろ木は素朴で「よろしく」と重鎮のように微笑んでいました。

24900256_1441182859327591_411218277

クリスマスパーティではないけど「友と乾杯」

孫たちはサンタさんを心待ちにしているでしょう。
さぁ~~~婆ちゃんは何にしようクリスマスのプレゼント
消えていなかった、毎年孫のクリスマスプレゼント考えていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おーー勘違い

水曜日はヨガの日
友達3人で20分位の道のりを歩いて行くことにする。
あそこの家の柿は「渋柿かぁ」とか「ここは誰の家やった?」とか

あっという間につく。
帰りもその調子であっという間に帰り着く。


寒いよなぁ~~
冷凍のうどんにしよう。
そうだ冷蔵庫の中に昨晩の残りの南瓜の煮つけがある。
チンして、タッパーのふたを開けたら
中から湯気の立った

Dsc_2222

え~~~~これお土産にもらった。屋久島の壺漬け・・・
温かい壺漬けも美味しいものです。
ちなみに2分間チンしました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ひとくぎり

2017.5.9 姉の納骨に行ってきました。

発病したのは5年ほどまえのことだったかなぁ。
「唾が出ないので話せないの・・・」と呂律の回らない口調で電話かけてきた。
最初は歯医者に診察に行ったようです。

2013年の10月に東京芸術大学美術館に、興福寺創建1300年記念国宝 興福寺仏頭展観覧して、不忍池まで散策しました。
そうそう、学食を食べたのです。ってことは食べることも普通でした。
(これが最後の姉との遊びになるのかなぁ。)

その翌年の9月に検査入院(大学病院にて)
血圧の薬をもらっている町医者から「一度脳を見てもらうように」と言われ、総合病院にて脳神経科の先生と巡り合ったようです。
その先生が大学病院からの派遣で来ていて、大学病院での検査入院をすすめたそうです。1週間程度だと思ったのですが、一ヶ月を要しました。
離れていることと、その頃は筆記で伝えることが多く、話すことは殆どできず、電話も無理、メールもできない姉と連絡の手段がない。
もう一人姉がいます。(病気の姉から見ると妹)がいて、その姉が病院のことをしてくれてました。何を検査しているのか全然わからず…検査結果もわからず…
退院するとき、「1%の神経伝達のしていないという結果がでました。それがALS( 筋萎縮性側索硬化症)と言う病気であるということかは、まだわかりません。でもその可能性もあります。」と医師に言われたそうです。
検査を受けている間、病気の姉はALSでもあるかもしれないと暗示されたと思うのですが…報告のない私にすれば、10万人の一人の難病に姉がなるとは信じられず、きっとストレスから脳の障害を起こしていると解釈していました。病気の姉も「そうだね」と答えたと思います。(そう答えたかったのかもしれません。)

退院してスマートフォンを買いに付き合った時もよく歩きました。
大きなケーキを美味しそうに食べていましたが、その頃には液体が飲めず、頼んだコーヒーが口からこぼれていました。

総合病院で経過観察と言うことで通院、兄(長男79歳)が医者に経過をききに同行してくれました。帰りに上京中の私も待ち合わせ、姉の好きな寿司を(小さく分けて)食べていました。多分これが大好きな寿司を食べた最後かも…

食べるものが取れなくなった頃、ASLと診断がくだりました。(兄が強く言ってくれたみたいです。)ただ、病状の進行はその人それぞれ、この状態が何年も続くかもしれないとも言われたと兄から報告受けました。
この頃からヘルパーさんが入っていました。
ヘルパーさんが入るので大掃除しに行ったのを思い出します。

ドロドロ食と言うか、トロミがあるスープ上の物が食べやすかったようです。
何もかも入れて、茶色のスープを作って、朝、昼、晩、同じも食べ、流動食の栄養缶詰も栄養補給で飲む?食べる?フリージングの仕方を教え、ミキサーを買って、一つずつ、セッティングして食卓を楽しくしようよ。と提案してみましたが、手足が動いてもだるさがあったのかなぁ…
2014年9月に胃瘻を自ら選びました。

胃瘻の準備(手術)するために入院、その間に外付け階段が危険(2階に住んでいました)一階で車椅子の入れる住居に引っ越しの手配を、大変だったなぁ。
新しい住居で新規一転(心機一転)と思ったのだが…
ドンドン体が動かなくなり、微熱も出て、病院へ舞い戻る。
2回ほど入退院を繰り返し、介護体制を整えたがうまくいかず…

2014年10月には、もう一人の姉の近所の施設に入所
その時は、指が少し動いていた。(文字は書けたかなぁ?)
有料施設でしたが、みな親切で優しく受け入れてくれました。
コミュニケーションツールで指だけで文字を書くことができるデジタル機器を手配したり
障害者、難病、介護指定を行政に手続するのを、姉と兄が疾駆八苦していました。
指も動かなくなり、ナースブザーを頭を少し動かすと鳴るものに変える時も、手続きが大変と言ってました。そんな思いで、揃えた機器もすぐ使えなく…
ケアーマネジャーさんが文字盤使って、話ができる。コミュニケーションはそれだけになり。
上京して一人で施設を訪れる時は、私はそばで本を読んで過ごす。
胃瘻が2回、洗面、寝返り、リハビリと、1日にいろいろと介護の人が訪れるので、リズムはあったような気がします。介護ってすごいなぁと思ったものです。

そういえば、胃ろうをした頃から、テレビをみなくなり。本も読まず…
兄がCDを持ってきたりしていましたが興味は示さなかったです。

いろいろ問題はありましたが2015年3月頃まではその状態で時は流れました。
確か腸閉塞が起きたと、施設付きの医師の病院に入院。
この状態では長くないでしょうと言われ…覚悟したのですが
脱したのです。生きる力が姉にはあったようです。
でも施設に戻ったとしても、医療機器のない施設では、また入院になるのでは…
医療型施設(療養型施設)を探し、入所することになりました。

医師が変わり、対処が変わり、腸閉塞もなくなり(胃瘻の回数が多かったと言うことも影響しているようです。3回から2回へ、1回の量も減らしました)
顔の艶もよく、やせてはいるけど、張りのある肌、目の輝きも出てきたかなぁと思ったのですが、血液の癌になっていたようです。白血球が減り、一度輸血をして改善をみましたが、改善することはなかったようです。

2016年11月に医師から「今、生きているのが不思議な状態です。明日亡くなってもいい状態です」と姉が言われたそうです。
その頃には意識も薄れ、いつも眠っているような状態でした。(私は会ってませんが)
2016年12月25日の明け方3時ごろ、息が途絶えたそうです。

姉は病気になってから「怒り」だけが頭に残ったようで…わがままな患者でした。
私たちに対しても、介護してくれる人に対しても、「怒り」を訴えていました。
そんな姉を醜いと見ていました。いつしか私の気持ちの中には「憎しみ」が湧きました。
亡くなった時、姉の顔を見ても…。「憎しみ」を思い出すだけでした。
時が解決したのかなぁ
姉と旅した場所、食した場所、あっこんなことがあったらこれは姉に報告しなくってわ。
これは姉に似あう服やわぁ~~~と思ったり。
姉のことを考え、思い出すことが苦痛ではなくなり始めました。

18342561_1255026134609932_910776882

父と母、そして祖母が入っているお墓に納骨。
なんか楽しそうに笑っているような気がします。

私はひとくぎり。
姉のことをたまに思い出し、「おーい」と呼んでみることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中止

今日は京都を散策しているはず…宿泊はウエスティン京都に
昼は丸太十ニ段家に、二条城か仁和寺に回ろうかなぁ。

ホテルにチェックインして、南禅寺に金地院のお庭に
明日は河井寛次郎館に、そして京都国立博物館「海北友松」を観に行く。
移動の地図も全部印刷して準備万端。

そして、わが家に
誰が?
東京の姉が。

次の日は淡路島に、昼をウエスティン淡路に予約して
夜は有馬温泉に一泊、これも予約して…

昨日の夕方「熱があるけど頑張って下げて明日は行くけど、そのまま帰ろう」
とLINEが入る。
え~~~~と思いながら、熱があったら愉しくない。
中止、延期しよう~~~と
全部「キャンセル」の連絡をする。
キャンセル料金は発生せず
まぁ~~~いいか。

今日はめちゃいい天気です。
一人で有馬温泉へ(京都散策のつもりで)

18057730_1236558046456741_466299686

山桜

18119351_1236558203123392_826000654

しだれ桜

あぁぁぁ本番の時にもきました。
2週間ほど前かなぁ

17883742_1225541084225104_738801497

川沿いのソメイヨシノかなぁ。

姉はインフルエンザですって。
肝心な時に熱、子どもみたいやなぁ。

私は金毘羅歌舞伎に行きました。

17917410_1229725507139995_117699111

めちゃよかったです。
江戸時代にタイムスリップしたような気分で♪

なんだかんだ、遊びの整理ができてないので
中止になってよかったかも
計画経てるのも楽しかったです。

また仕切り直しで遊びます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2月終わるよ。

何も書かないうちに2月が終わってしまいます。

とは言っても2月はいろいろなことしました。
まずは沖縄行き

16708381_1167784626667417_760718396

16708621_1168467149932498_180053749

16729287_1167998789979334_178307262

16730348_1169282956517584_690646026

最後、空港で食べたゴーヤのサンドイッチ
走った、走った。車で
今回は婆さん(73歳)友達の運転手かなぁ。
楽しかったです。
2時間で沖縄、暖かい。
毎年、行きたいと思います。

ヨガの会食会
点訳サークルの引退ちゃうなぁ卒業です。

あゆみ教室の勉強会

後、兵庫県立美術館へ

16826006_765888896895981_4997695152

友の会に入会、楽しみ。

「この世界の片隅に」の映画も見ました。
「人生フルーツ」の映画見に行ったら、映画館お休みで変更。

「人生フルーツ」も再上映(私も見に行きます。)
「この世界の片隅に」も再上映
2作ともいい映画です。見て下さい。

たくさん楽しいことして、たくさん美味しいもの食べた2月です。

3月は春休みなったら、孫たち迎えに行って遊びます♪
(いや、また、まとめてブログ書きかなぁ)

めちゃ、元気です(*'▽')

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人生

おめでとうございます。

昨年の25日にALS(筋萎縮性側索硬化症)
になっていた姉が亡くなりました。

発病して4年間、いろいろな事がありました。
私としてもいろいろな事を学びました。
「人生って不思議なものですね」
「これから人生、大事に生きることにします。」

バタバタとあけた新年です。
ブックオフで20%引き

15823046_1131137070332173_213987662

手に入れました。

人生、楽しむこと大事です。

2017年、どう生きようかなぁ?
デザインするのが楽しみです。

今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧