私のつぶやき

思ったこと

婆さん文庫

文庫本の在庫が少なくなってきました。
最近、婿殿が本を読み始めて来るたびに持って帰ります。
寝る部屋と娘の部屋だった場所に本棚が置いてあります。
娘たちが帰って来ると娘の部屋に寝ます。
その本棚がスカスカになってきています。
本の整理もバラバラです。

私の部屋の本棚から本を運び
作者別に分類です(好きな作家さん何冊もあります。婿殿と傾向はにています)

64684496_2205997226179480_65305084122019
漫画本が治まった棚は私の部屋にあった本棚の一部を取って横に備えました。
同じ本を買っている(整理したら買わんかなぁ)
10年以上前の本は捨てています 。
新本も買っていますが最近は古本が多いです(シリーズで買うのが好きです。私、同じシリーズ集めるのが好きなようです
例えばシャンプーとリンスとか化粧品も同じシリーズに揃えるとテンションあがります)
図書館も活躍しています。

壁一面、天井まで本棚
そこに文庫本いっぱいにしたかったのですが…
後、どれくらい本棚におさまるでしょうか?
あっ返却なしの貸し出しの方が多いと思いますが…
本棚の前に椅子置いてジッと本を読む(いいなぁ)

昔、読んだ本を再度読み直す。
ふ~~んこんな本だったのかぁ
ふ~~んこんな風に思ったけどなぁ
ふ~~ん今だったらこう思うのに
本は旅もできるし、時代も自由

そっか、本と昔話ができるんだ(友との昔話は相手がいなくなったらできない)

婆さん文庫、もう少し増やしたいです。
ホンマの婆さん文庫になるといい(孫貸し出し)

夏休み、孫たちは二人で新神戸までやってくるそうです。
愉しみな夏休みが始まります。
夏はしまかぜに乘って、スペイン村に泊まって、鳥羽水族館
お伊勢さんにも行きます。
電車はフリーですけど送迎のあるツアーを申し込みました。

続きを読む "婆さん文庫"

| | コメント (2)

くやしーぃ

昨夜は甲子園行ってきました。
それも阪神対巨人
阪神一昨日まで3連勝

巨人、菅野投手
阪神キャッチャー梅ちゃん違う…坂本選手
「やばいかなぁ」

66395742_2198033440309192_53555104707510 

とりあえずビールは飲んだかないと「頑張れ~~~阪神」

タイムリー12本も打ったのに
巨人は6本だよ…
なんで打たんかなぁ大山…
なんで投手に打たれるかなぁ西投手…

坂本捕手は何と何と猛打賞
原口選手は代打出てきて打った!

7回終わって3対3の同点
遅くなるので帰ることにする。

電車の中でスマホを見ると
えーーーーー1点取られてる…

8回点数入らず…
9回表、抑えた…
9回裏点数入らず

非常に悔しい負けでした。
でも久しぶりの甲子園愉しかったです。

| | コメント (4)

想い出

Facebookの「こんなことがありました」と過去の想い出が勝ってに更新されます。
今日の想い出にでてきた写真

1013568_409505959161958_836089055_n

2013年7月5日学食とコメントが書いてあります。

1002748_409493539163200_1953389864_n
東京芸術大学美術館にて

亡くなった姉と最後に行った展覧会
この時は話すのがちょっと変でしたが体は元気でした。
食べることも大丈夫だったと(姉は肉を食べないがこれ食べたのかなぁ?)
病気だったのもわかっていなかったです。
「ストレスだね。きっとそのうち治るよ」

上野公園を抜け不忍の池まで歩いた記憶がある。

その年の9月に東京医科歯科大学で検査入院したのだっけかなぁ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の疑いがある」と言う診断がでた。

亡くなったのが2016年12月26日
この日から3年
もっと長く病んでいたように思っていたが…

6年前の出来事でした。

| | コメント (2)

思い込み

友達が載せた記事を見て、行きたいと思ったとたん調べてた。

Img_6267

友のブログから拝借「或る列車」

一人で行くとめっちゃ格高(こんな言葉ないか?)割高、友を誘ってみる。
OKが出て、日にちを吟味する。
9月やなぁと二人の意見が一致する(予定なし!確認)
と言っても、この列車6月から9月までの土、日、祝日だけの出車
そして2両、あいている席というのも限られる。

9月に決めて、それから計画を練る。
大分から日田と日田から大分、選べるのは日田から大分
大分(別府)で一泊、次の日に日田へそこで一泊
帰路にてある列車に乗る。大分から特急そして新幹線と時間を調べる。

或る列車を予約に(取り扱っているのはJTB)
別府の宿を予約、日田の宿を予約
新幹線も格安こだまひかりを往復GETする
もう少し後でも大丈夫かと予約はしない。

なんだかんだ(席をどこがいいとか、宿をどこにするかとか)半日潰す

さぁ~~~カレンダーに書き込もうと
えっ!!!!!!
何か書いてある!!!!!!
予定が書いてある。劇団四季「ノートルダムの背むし男」それも京都劇場
どないする…
劇団四季行く友に電話
「誰か行かんかなぁ?」
友は探すと言ってくれたがなんか気の毒
私がカレンダーを確認したのは9月8日
前後は確認せず…
予定なしと頭は思った。

旅に行く友に日にちを変えてもいいときいてみる。
そうなると、計画が全部やり直し…

そうだ!!!!
1日だけズラソウ
先に日田に行き、お宿に泊まり、ある列車に乗車
その足で別府のお宿に泊まる。
これどうよ!
別府のお宿に電話「大丈夫です」と
或る列車、酒も飲めるよ♪(帰る日だったら最寄りの駅まで車、呑めんなぁ)
別府のお宿は夕飯ないから列車でたんまり食べられる(ウッシシシ)

さぁ~~ゆっくり、電車の時間を考えよう(と言っても格安だから何でもよくない)
朝は一番の「ひかり」に乘って博多、乗る次で「ゆふ号」の乗ればいい
「ゆふ号」の乗れるのも嬉しい(まだ切符手配していないが)

間違いないよな…日にちよし!予定なし!
あとは元気で脚が動くことを祈りながら心ウキウキ待つだけ
いやぁ~~~思い込みが…
強行スケジュールをこなすのもまた愉しい♪

おまけ
プールの帰り、車に乗ろうと日よけの腕の手袋…あっ忘れた。
戻り、ロッカーのカギを受け取りロッカーへ、ない…
カバンの中かなぁ?車の中かなぁ?いや途中で落としたかなぁ
まぁ~~~仕方がない…
家に着き、ソファーの上にいる。私の日よけ用手袋
チャンチャン(*‘∀‘)

| | コメント (2)

集い

1974年に転職した時にその方はいました。
私22歳、その方は40歳台だったと思う。
その会社には2年程でいて結婚退社した。

それからずっとお付き合いした。
子どもとも一緒に孫とも一緒に遊びに出かけた。

3年前だったかなぁ
夏に上京した時、いつものように食事をしてビールを飲んで集った。
8月31日、その方は倒れた。
30歳台でご主人を亡くされた
8月31日ご主人の命日、その方の誕生日だった
娘さんと参ったその夜その方は倒れた。

脳出血、脳の記憶を担う箇所を失った。
それから3年、病院にも何度か会いに行きました。
話すことはできたが脳の奥の奥の記憶から引き出してくるのか…
会話状態にはならない。
でも笑顔で話す姿は変わらなかった。

5月6日に亡くなった。
調度旅と重なってお葬式に行けず…
昨日、四十九日で納骨に出席することができた。

いつも一緒に飲み歩いた仲間も集った。
その方のお嫁さんも飲み仲間、息子であるだんなさんも飲み仲間
息子さんの友達も飲み仲間、娘さんも娘さんのだんなさんも飲み仲間
お孫さんのの結婚式にも出席したからお孫さんとも飲み(ではないが)仲間

「共通の思い出を話せる仲間がいることは幸せなことよ」
とその方は言っていた。(想い出は共有した人と話すのが楽しいと)
その方が亡くなった時、共有の想い出を話せる方がいなくなったと思った。

違った。
想い出は話せる仲間がここに集った。

息子さんは言う
「勤めた時の沢山の人たちから手紙をもらって、母はこんなに慕われていたのですね」
知らんかったのかい…(子どもと言うのを親の本質は見えにくいのかもしれない)
あんなこともあった、こんなこともあったと実におもしろいエピソードを話す。
「そうだよ、あの時はこうだった」とそこにいいる仲間も答えてくれる♪
話しているうちにそこにその方がいるようだった。

「今年も行って来たわよお墓参り、暑かったわ」と話をいつも訊いていた。
晩年は娘さんとお参りしていた。

ここに来ていたのか。(私は初めて訪れました)
最後のお参りにはこの雑貨屋さんに寄ってと娘さんから話を訊く。

仲間とお参りに行けば、想い出は話せるね。
また集うことにします。

Ochugen
(この写真は更科堀越麻布十番本店のHPから)
今日の集いはこの場所で、想い出が一つできました。

「この想い出もまた話せますね」とお墓に報告しました。

 

| | コメント (2)

どこで間違えた!

大阪空港で車を預けて旅に出る。
車を取りに来てくれる場所がYouTubeで案内された
これは下見に行かないと場所がわからない。

大阪空港には何回か送迎に来ている。
数年行っていないが
空港までうまくいった。ANAの方の駐車場へ
ちょっとYouTubeの画像と違くない
数分の駐車だと料金は発生しない
もう一度出て、ぐるっと空港を回る
どこだろう????
何回もYouTubeを見る。送迎の所だよ!
そうだ!ここだ!
よかった下見に来て、ブッツケ本番だったら大騒動だった。

大阪空港は飛行機を見られる展望台がある。
その近くのレストランでランチ

57726631_2065750646870806_27391605374252 
小さな運搬用の車が大きな飛行機を押す

57588225_2065750780204126_11748232994907
トラジロウだったかぁ「かわいい」もうすぐ離陸

飛行機見ていると旅をしたい気分と旅をしている気分にさせられる♪

帰りは園芸屋に寄りたいので地道で帰るけど
高速に行くコースは確かめないと

カーナビを「自宅に誘導」でOK?
カーナビの画像が進行方向に向いてない
婿や北を上にする(地図としては正しいと思うが)
どうも、自分の走っている場所と地図が一致しない…
空港からおりて3本並んだ道の一番向こう側を左折
その通りにしたら左折ラインではなく右折しかできない
右折するしかないと右折、高速入り口から離れる…
名神に繋がる阪神高速が2年ほど前にできた。
その高速の真下を走っているのナビは高速を走っていると勘違いしている。
????????
なんかわからないながら、176号線を北へ北へと走れば我が家に行くか?
ナビの言うことは無視してひたすら走る。
園芸屋はわかっているはずだったが通り過ぎた。
戻ろう~~~戻ったがわからない。
グルグル回ってなぜかついた。

57486185_2066994506746420_79276709973967

可愛いサボテンを買って予約我が家に辿り着く。

旅の時は夜の帰宅、大丈夫かなぁ
もう旅は始まっている気分です。

| | コメント (4)

反比例( *´艸`)

広島の平和記念資料館のミュージアムショップで孫が選んだ本

56963275_2054676891311515_24807504971667 

広島から帰ってきて滞在している間にモクモクと読んでいました。
感想も言うことなく(きくこともなく)タンタン読んでいました。
家に帰る寸前に読み終えて、私にバトンタッチしました。

小学5年生と3年生の孫を広島平和記念資料館に連れて行く。5年生の孫がこの本を選んだ。淡々読んでいたが先へ先へ読み進めていくのも早かった。感想はきかず、私も読み始めた。悲惨で壮絶な場面が綴られている。主人公の次女美甘章子さんが作者である。被爆寸前からの父の心情が巧みに表現されている。投下したアメリカが悪いわけではない戦争がいけない「共感」と言う気持ちをもち平和でなければならない。被爆者、美甘進示氏は娘に優しさでこのことを伝えたと思う。本に掲載されている87歳の美甘進示氏の写真、温和な人柄がにじみ出ています。
(読書メーターに載せた感想)

かなりリアルに描かれています。
目を伏せることもシバシバです。
絶望的の中に希望へと進みながら書かれています。
先へ先へと読み進めたいと思います。
私も1日で読み終わりました。

すごいなぁ
こんな本がしっかり読めるんだとわが孫ながら感心しました。

今度の旅では孫たちの成長に大人になっていく過程に魅力を沢山感じました。

反比例!
ばあさんは思考能力が衰えていく。
旅でもいろいろやらかしました。ダイヤのピアスをどこでとったかわからない。
旅館の人も部屋の掃除の時風呂場と探してくれました。見つからない
家に帰っていつもの場所を見たら…ありました。
そうです、最初からしていってないのです。

新幹線で東京につき、向かって在来線が中央線
何故そこに向かったかはわかりません。
東京にいる時に中央線沿線に住んでいたからでしょう
潜在意識と言うやつです。
まぁ乘る前に気がつきました。
山手線に乗らないといけないのです。

娘の家から墓参り
最寄りのバス停からはいつも向かう駅に行くのと反対方向
墓参りから帰る時、○○の前のバス停で降りる。
降りたら知らん場所?????
反対方向です。○○から一つ先までは行かないといけないのです。
バス降りて少し考えて気がつきました。
大雨の降っている中、ずぶぬれでかえったとさ…
孫に言うと笑っていました。

そんなこんなの婆さん
そのうち「婆さんツアー」ではなく「孫ツアー」で連れて行かれるでしょう。
それも愉しみです。

56293848_2043023399143531_20065975323013 

56997585_2043023435810194_67360349840012 

56340133_2043023459143525_58454711701235

関東の桜もきれいでした。

| | コメント (2)

馬酔木

友のブログに馬酔木の花が載っていた。

我が家の馬酔木は盛りを過ぎてしまったがここ数年、倍以上大きくなりました。

Dsc_4727effects 

ちょっと加工したのできれいな桃色に

3月も終わってしまいますね。
今日から孫たちはやってきます。
舞台を見たり、美術館に行ったり、動物園もいいかなぁ。
メインは広島の原爆ドームに連れて行きます。
戦後生まれの私ですが
のほほんと高度成長期に育った私ですが
伝えなければいけないことのような気がします。
いや、私も学ばなければいけないことだと思います。

3人で珍道中できるのも愉しみです。

でぇ~~チョット忙しい日々が
元号も孫と一緒にきけるのが嬉しいです。

さぁ~~平成から何になるか?

| | コメント (2)

変わり目

ブログを書き始めたのは2005年11月、へぇ~もう13年を経ているのかぁ
ブログを書くと同時にホームページ作りをした。
これは後に書き直したページです。
最初に書いたのが
とリンクを貼ってもこのサイト、Yahooのジオシティは3月31日で削除されてしまう。
「2006年の旅」が思い出深い
この中の「北海道の旅」はめっちゃ力を入れて作っている。
どこにこんな根気があったのか…

「ベトナムの旅」が娘たずねて行ったベトナム。
Dsc_4718
プリントアウトしてみたが…
2005年と2006年は3月31日で消えてしまう…

とブログに書こうと思った1週間くらい前
このブログ「ココログ」もリニューアルされて、ログインできなくなる。

パソコンが支流に時代からスマホの時代になっていくと感じる。
スマホからブログの記事が書きやすくなっている。

平成も、もうすぐ終わり
昭和の時代を懐かしいと思っていたが…
平成も過去の時代に

古き良きものを伝えながら要らないもの消していく。
新しいものに挑戦していく。
さぁ~~まだまだ頑張りますか。

| | コメント (3)

直った

リニューアルしてたココログ(ブログ)
ホォ~ーー直ってる
スマホからアップしてます✌
Dsc_4720
我が家のイモリくんです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧