小さな旅

日帰りのたび(ランチ)

沖縄に

昨年に引き続き「阪神タイガースキャンプ」沖縄に行ってきました。
昨日帰路(飛行機にて)
窓側に座っている友が「ここはどこだろう?」と質問され
雑誌の航路を追っていく
「四国かなぁ?徳島あたりかも、橋みえへん?」
なんて話していると見えた。
「鳴門大橋だ」
そこから淡路島へ

28276680_1512754778837065_362568612

27973703_1512754802170396_668695296
見覚えのある淡路島の風力発電
はるか向こうに淡路観音が見えます。

28059528_1512754852170391_823017277

私には見えないのですが友の席からは真下に明石大橋が

28058773_1512754872170389_436212781
「やぁすごっ」
もう少しきれいに見えるといいのですが
機体の真下になるのかなぁ

この後は大阪の南港あたりを東の方向(?)に見ながら
海の上 船もめっちゃ大きく見えます。

無事神戸空港に着陸

出発したのは2月18日
午前10時半に到着
レンタカー借りて宜野座のグランドまで
まっしぐらに車を走らせました。

28056522_1510730815706128_260705907
日本ハムとも練習試合

ちょっと小太りの清宮君も8回の裏に登場
ところがバッタボックスには順番届かず
延長戦せぇ~~(と喚いてみたが)
練習試合は9回で終わり

試合は0行進
あ~~~~~ぁ
めっちゃ暑い1日でした。
暑い太陽を浴びて、風邪や微熱やと出発前に調子悪かったのに
すっかり治ったようです。

ホテルも昨年と同様、選手の同じホテル
エレベータで会います選手やコーチに
かと言ってもにわか阪神ファン
選手の顔見ても????です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東大寺へ

孫たちと東大寺に行くのは数年ぶり

2011年の正月に出かけている

Imgp4741

7年前、2歳と4歳
もう少し後に唐招提寺、薬師寺にも一緒に行った。

私はライトアップに友と出かけた

P1040055

P1040066

2012年7月になってます。
5年前です
この頃は奈良には外国の人はいなかったです。

Dsc_2388

最近は違う言葉が行き交っています。
でも東大寺は落ち着いています。

26195407_1738617936168894_676330203

大仏様もいつもと変わらず威厳があります。

Dsc_2387

姉孫です。
二月堂の近くの売店で「鹿せんべい」を買おうかと思ったのですが
鹿は4~5匹
売店のおばちゃんが「あっという間にタカラレル」と
やめておけということなのかなぁとやめました。

法華堂の不空羂索観音様も拝観してきました。
受付のおっちゃんが説明をしてくれます(拝観料600円)
法華堂は
不空羂索観音は1300年前、そのままを維持しているとのこと
不思議な世界に入り込んだようです。

四月堂の普賢菩薩様は外から拝観できます。
私、辰年の守り観音です。

二月堂に上り、二上山を眺める。
大好きなコースです。

興福寺に寄ろうと思ったのですが
私、道を間違えたようです…
北町に入り込み、奈良女子大の前を通り
そのまま近鉄奈良駅に、東向商店街で奈良漬買う。

娘はお土産さんで外国人の買う土産に興味があるようで
店屋の人に外国の人に間違えられ、英語で説明されたようです。

帰りの電車から見た夕日が見事でした。
孫がスマホでガッシャ!(写っていたのは外国のお客さん)

今年は奈良に出かけてくるのを増やそう
でも我が家からちょと遠いです。

続きを読む "東大寺へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また行きたい

以前は海外に興味がなかったが、今はどこへでも行きたい。
台湾にもまた行きたい。

今回は3泊4日の台北の旅でした。
ホテルも連泊(3泊)朝食はバイキングで中洋折衷めちゃ美味しかったです。
部屋は3人部屋の設定で、何故か水のペットボトルが毎日3人分補充されます。
コーヒーがとっても美味しいです(水のせいかなぁ?)

髪はパサパサになります。これ水のせいかも?
居心地のよいホテルでした。(宝石の前に立つガードマンがかっこいい)

初日と2日目はガイドさん(キュウさん(モトクロスのバイクを乗り回すおっちゃん))
中古ベンツのワゴンであっちこっちへ。小籠包も人気のお店でコースを食べ
夜市にも案内してくれたり、朝から夜まで盛りだくさんのメニューでした。

3日目と4日目は友と二人でガイド本持って電車にタクシーに歩きに
ガイド本に載っている地図で電車の乗り換えを我が家でみっちりシュミレーションした。
スマホの通信ができないので、道を歩いている時はアナグロ(人にきく)になる。
まずはホテルの最寄りの駅をホテルの人にたずねる。
「行天宮に行く?そこならタクシーで行った方がいい」と言われる。
最寄り駅まで地図で案内してくれる。
ホテルから出てみれば、ここはどこ状態???
ホテルから5分の駅は20分位かかったのでは
で~~~は出発

Dsc_2054
ここは、ホームセンターのような、100均のようなお店
(その前に本当は動物園に行く予定でした。でも外は小雨、変更)

買った、買った雑貨達

Dsc_2063

「行天宮」、降りた駅から真っ直ぐ友と二人で来られた。
その「行天宮」からこの百貨店までは学生さんぽぃ女の子にきく
勝手にこっちの方向だろうと歩き、わからなくなった時に「名前と住所」できく
女の子は住所で見てくれる。大きな字で番地が書いてあります。
その番地を辿って歩きます。ついた!30分位歩いたかも。
ここから最寄りの駅までは本の地図でわかりました。

台北に住んでいる女性が本を出しています。
お店も開いています。
次はそこです。
一応地図に沿って歩きます。
わからなくなった時、おばちゃんにききました。
おばちゃんは住所でみてくれます。一応説明してくれます。
が行けども、あらわれず…警察署を見つけて入りました。
警察のおっちゃんは何か事件かと驚いたようです。
「違う違う、道です」全部日本語です。
警察官全員考えます。わかったと道順を教えてもらい
つきました。
その女性に地元の人が行く、昼の美味しい場所をきき

Dsc_2045

サメの団子やったかなぁ。
全部美味しかったです。

Dsc_2042

ここのおっちゃん。日本語上手でした。

歩いて歩いて、ホテルの近くのセブンイレブンで飲んだ「一番搾り」がうまかった。

Dsc_1956

Dsc_1957
猫さん
昨日載せたのがホテルの近くの洒落たお店にいた猫だったと
この猫さんが田舎の九分の山の上にいた看板猫
「猫の顔は場所をあらわす」

駅からホテルまで帰りはバッチシでした。
もっと道を知っていいれば電車を乗らないで歩いて繁華街を回れると思う。

本に載っていたお茶のお店、自然化粧品のお店、なんか探し当てました。
あっここは、昨日ご飯食べたところだよ
なんて感じで地理もすこしわかったような

忘れないうちにまた来なければいけません。
お茶も梅干しも雑貨もまた買いに来なければ

また来るぞ台湾。

続きを読む "また行きたい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾のこと

私の今年の10大ニュースのトップになる台北の旅
ブログにあまり記さなかったです。

友達のシクラメンの蕾を見て、思い出しました。
十分で上げたランタン
ランタンは大雨だったら中止です。
台北を出発するときは曇り、台北から北西に車を走らせます。

この旅は友と二人で出発。

チケットの手続き等々は友と二人で、あっちか?こっちかとウロウロしながら
webで申し込みだったので、旅行会社とは一斉会わず…
パスポートのスペルを間違えていたら、飛行機には乗れませんと注意事項
何回も見直したが…間違えを発見できないことも多々ある私
出発できたのは旅の50%が終わったくらい嬉しかったです。

観光を1日半申し込んでいたので、空港に添乗員さん(台湾の人)迎えに来てくれていました。もう一組、奈良から来たと言うご夫婦が一緒です(宿泊場所は違った)

で、2日目に十分までのツアーもそのご夫婦と一緒
1時間ほど走ると雨がポツポツ、空は暗い・・・
微妙な天気、2時間位自動車で走ったと思います。
かなり田舎です。
「あっランタン見えます。大丈夫です。あげられます」添乗員のきゅうさん。

_20171018_214307
ローカル線の線路の上???(これ友と私の足、私はどっちでしょう?)
1時間に1本、列車が通る(その列車に私たちも乘ります)

筆で願いを書きます。
四文字熟語がいいと思います(日本人はひらがなで書きたくなります)

Dsc_1912

ランタンはペッチャンコで字を書き、その後ガスを入れて膨らましす。
足元が見えるのが台湾の兄ちゃん、ちゃんと持つように結構こわいです。

_20171018_214213

Dsc_1916_2

Dsc_1925

高く飛んでいきます。(どこかに落ちて回収されるのかなぁ?)

Dsc_1940

Dsc_1941

列車は2両だったかなぁ。
ボックスの椅子でした。
この列車に乗って九分まで行きます(15分位乗ったかなぁ?)
もちろん、列車が通る時はランタン上げは退いていました。

Dsc_1928



この頃は大雨で・・・
車窓からの景色は・・・晴れていたら渓谷がきれいだと思います。

九分は「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所
そりゃぁ~~滝のような雨でした。
晴れていたら、東シナ海の景色が、もしかしたら与論島も見えるのでは?

Dsc_1949

Dsc_2056

猫さん、これは九分のお店の看板猫?

九分は大雨でしたが、台北に戻って来たら曇りになってました。
九分は雨の多い所らしいです。

3日目の自由行動も愉しかったです。
ブログに記しておかねば書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日帰り旅

大宰府まで御参りに行きたい
一泊しようかと思ったが・・・・
スケジュールを考えるのが億劫・・・・
支度も億劫…

そうだ!朝早く出て夜に帰ってこよう。

福岡にいる友達が案内してくれるということで博多で待ち合わせ
そう言えば、切符を買う時「はかた」を博田と書いた。
駅員さんが「はかたのたがちがうのですが」「すみません」と書き換えた文字が「太」
駅員さん「そうではなくって多いという字」「あ~~わかりました」
恥ずかしいのなんって・・・・こういうこと多々あります。

行きの新幹線は旅をする気分でルンルン
博多から地下鉄と西鉄に乗れて、これまたルンルン(九州の電車が好きです)
大宰府天満宮は違う言葉が賑わっています。
「大学受験」(デカ孫)のお祓いをして、お札を頂く。
血の繋がらない婆さんとしてできるのは、こんなものかなぁ

その後、九州国立博物館へ

23561814_1423774827735061_243296459

23561787_1423683091077568_743203508

等伯の「松林図屏風」(写真を撮っていいのはレプリカ)

東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館
そして九州国立博物館、すべて訪れることができました。
どこの博物館も見ごたえのある展示がなされています。

帰りに新幹線を待っていると

23519224_1423797294399481_155258043
団体用の新幹線が停車
このデザインが素敵です。
座席の裏側がウッド色、違う車両は花柄のシート(多分グリーン車)

私が乗った「さくら」もウッドづかいの色が所々に
座席がゆったりしていて、リクライニングを倒さなくとも気持ちよく座れます。

ふと、山口で、広島で、岡山で下車して泊まろうかなぁとよぎります。
泊まっているのを想像すると愉しいです。
新神戸に着き、あ~~今朝ここ通った。新鮮がない・・・なんて思います。
疲れるかなぁと思ったが、旅をしている間は疲れをしりません。

今度はゆっくり泊まる旅の計画を経てようと思います。
県美術館も制覇するのもいいかなぁ~~~
展示しているものより美術館を見にいこう。
と思うほど九州国立博物館は素晴らしい博物館です。

日帰り旅も、友にも会えて、楽しいことに沢山巡り合いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忠烈祠

国民革命忠烈祠(こくみんかくめいちゅうれつし)は、中華民国台北市中山区剣潭山にある、辛亥革命を始めとする中華民国建国および革命、中国大陸での日中戦争などにおいて戦没した英霊を祀る祠(Wikipediaより)

2日目の4時45分頃、衛兵交代式が行われると
忠烈祠を訪れる。
微動だもせず、瞬きもしない衛兵の交代式は圧巻でした。
衛兵の予備軍?(濃いグレーの服を着た青年たち)がまわりを囲む
日本だったらその衛兵も規律正しく行動するかなぁ?
この青年たちはにこやかで、雑談しながら歩く姿いい。
選び抜かれた衛兵たちは、みな姿かたちも顔も美しい。
その衛兵さんがめっちゃ爽やかな笑顔で話しかけてくれる。
(きゃぁー!と胸の中で叫ぶおばちゃんです。)

動画ちょっと長いがご覧ください。
5時で閉館
「後ろの方もぐるっと回ってOKです」(英語だったかなぁ)グレーの衛兵さん

Dsc_2004

Dsc_2010

Dsc_2009_2

Dsc_2011

Dsc_2012

この後、皇帝料理を頂き、夜市に行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台北へ

台風が来る前に台北へ
記事を載せたいのですが・・・

生地の方で

22780203_1401359213309956_421228021

孫に買ってきた帆布の袋
「東西帯回家把臺灣的好」家に何か持って帰るなら、台湾の物がいいです。
と言う意味らしい(*´▽`*)

22814504_1401359256643285_797225335
後ろが何もないので刺繍を
「樋口愉美子さんの刺繍」この人の刺繍もいい感じです。
久しぶりの刺繍です。

てなぁ~~~感じで
記事の方はまた書きます。
くもり時々雨の台北、なかなか愉しかったです。
台湾の人は優しくって秩序のいい人たちでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

篠山城跡

篠山城は関ケ原の合戦に勝利した徳川家康が、大阪城を包囲する為、豊臣家ゆかりの西日本の諸大名を抑える拠点とするために築いた城。
初代城主として家康の実子である松平康重(篠山城の歴史より)

22281621_1389699127809298_327677970

石垣は「野良積み」

22308624_1389699114475966_249076019

天守閣跡から見える丹波富士(高城山)

城を見に来たのではなく「篠山の食の祭り」、丹波栗おはぎ、丹波猪のフランクフルト、丹波栗のソフトクリーム、鯖街道より鯖寿司などなどを食べまくり。

Dsc_1857

Dsc_1854

猪のフランクフルト

Dsc_1856

牛の丸焼き(食べなかったけど)


帰りに丹波焼の陶の里に寄って

22384054_1389696661142878_460386084

お土産の伝市窯(丹波焼)の植木鉢買って
ダイモンジソウも買いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空白のプレゼント

18121329_1237970592982153_306503961

「ズミ」この赤い蕾が白い花を咲かせる(らしい)

姉との旅が中止になって、時間がある。
日常生活に戻せばいいのだが…その気にもならない。
計画した京都に日帰りで行けばいいのだが…その気にもならない。

晴天に恵まれた1日
近場の森林植物園まで車を走らす。

新緑が眩しい。
野鳥が元気に飛び回っています。
虫たちも「春かぁ」と首をかしげて、恥ずかしいそうに飛び始めました。

こんな時間もいいものです。

18077418_1237970656315480_547019567

ウサギも親子で気持ちよさそうでした。

bud bud bud bud  bud

淡路島行くはずだった26日は雨rain
中止でよかった。
お休みするはずだった「ヨガ」にも行ってきました。

午後は漫画を読む。
「宇宙兄弟」20巻、読み始める。

計画した三泊四日。
プレゼントされたような感じ。

こんな日々を感じるのも愉しい。

今日は姉を新幹線の駅まで見送る。
買い物に行こうとsun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奈良飛鳥へ

奈良飛鳥の旅=山に囲まれた景色の我が家から高速を走り大阪のビル群を横に見て、山に囲まれる奥明日香を訪れる。(私は助手席)
1時間30分かからず飛鳥に、石舞台(ワンコが整列)→飛鳥寺(最古の飛鳥大仏さんに会うのは2回目)→メイン会場「奥明日香さららさん」へ、チャップマン・スティックライブin奥明日香さららのイベントです。お昼に赤米のちらし、豆乳鍋、手作り蒟蒻煮、手作り豆腐たちを腹いっぱい食べて、奥明日香散策(店主さんの孫のノリ君のエスコートが最高!旦那様の案内も味がある)加夜奈留美命神社(かやなるみのみこと)2回目だが覚えられない。狛犬さんは子を抱き、毬をを手にしている。
桜の花が季節外れにピンクが濃い!(梅かと思うが木を見ると桜)お地蔵さんの下にはアマガエル♪
帰って来て、いよいよWoody Mojarさんの「チャップマン・ステックライブ」今まで出会ったことがない音が流れる。
緩やかに流れる曲はアルファ波を調度いい塩梅にしてくれるらしい。ゆったり気持ちよく瞑想に入る。
ライブが終わる頃には脳の中が洗濯された感じと言うか。
洗濯された後はおやつがゆずのシフォンケーキ、サツマイモの茶巾絞り(これは店主さん作、サツマイモもご主人作)ブラウニー(娘さん作)美味しいコーヒはお代わり沢山。
家族に囲まれた写真は(一緒に行った若い友は「田舎は訪れたようです」と言っていました。)ほら写真を見ればわかります(*'▽')
帰路の途中、飛鳥の岡寺に寄り、無人の売り場で大きなミカンが200円でした。愉しい奈良飛鳥の旅は終わりましたが
Woody MojarさんのCDを聴いて余韻に浸ります。(facebookの投稿より)

14712514_1058770244235523_631503066

14712745_1058770347568846_791831026

14682166_1058770340902180_682423553

14712466_1058770410902173_621537285

14711238_1058770427568838_344003629

14681111_1058770527568828_671439983

14753964_1058770497568831_781212523

14715053_1058770467568834_741808769

14712533_1058797807566100_723296306

14692039_1058770727568808_413181879

14681928_1058770867568794_754818854

14706840_1058770967568784_641536360

上の文章を読んで、下の写真と照らし合せて下さい。
みんなと一緒の写真を載せられないのが残念…
みんないい顔していしていました(*'▽')

woody mojarさんのHP  

このページで曲を一度聴いてください ここ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧