美術館など

美術館に行こう。寺や神社も

芸術の11月

ただ今三浦しをんさんの日記のエッセーを読んでいる。
nnnnnn日記っていいやんと思う。

で、今日も書いてみることにする。
日曜日に兵庫県立美術館の15周年記念著名人講習会の最終「名和晃平氏」に行く。

5月から始まり4人の方が登場した。
全会来たいと思ったが前2回は都合で来れず、3回目の南光と館長の対談に来た(これもブログに書いたと思う)
名和晃平氏は彫刻家とプロフィール書いてあるが、テクノロジーを駆使した芸術家と思う。
建築にも興味があり一級建築師を数十人置き、プロジェクトを展開している。
巨大作品たちに会いに行きたいと思う。(また旅をしなければ)

P1060044
2013年に犬島で見た名和氏の作品(撮影は禁止だったので遠目から)
現在でも犬島で見られる。

今回の説明でこのコンセプトがよくわかる。
作品の説明を作家さんから受け取る。とても必要なことと思う。

帰り道だったし、招待券をもっていたので「横尾忠則の美術館」にもよる。

Collage1511081127489

横尾氏の作品はかなり奇抜である。
作品の中に私の中を流れた人々が登場する。
若い人の芸術の話をきいた後、彼の作品を見てホッとする。
帰りに寄ったカフェーの器は彼の作品が描かれているカップ

この日は関西文化の日とかで無料でした。
招待券またこの次に。

若い力に触れるのも、頭が活性化して悪くはない。が
芸術作品は古典、近代くらいの作品が落ち着き心が安定する。
横尾忠則氏は現代芸術の部類かぁ。(年齢で落ち着く)

頭の中が芸術でいっぱいになる11月。
ちょと嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダ

初カメラのおさめ始めは

22007782_1380113502101194_225744776


22048046_1380610012051543_251548632

22008278_1380609122051632_528459136

お昼を待って
沢山食べて
昼寝zzzzz

のパンダでした。
私もしあわせ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

桂南光×蓑豊(兵庫県立美術館長)

兵庫県立美術館15周年記念著名人講演会3回目桂南光×蓑豊(館長)
南光さんはテレビでも「美術館に行こう」のナビゲーターもしている博学の持ち主
その「美術館に行こう」は自分でテレビ局に推薦したらしい。
「混んでいないところでゆっくり絵画を見たかったのです、企画を持ち込みました」
独特の絵画の説明は面白い。

蓑豊館長の話「兵庫県立美術館の上にのっている蛙」蓑氏は「ダック」(写真)をのせたいと安藤忠雄氏にないない了承を、で、オランダに交渉に「ダックは水の上にのせないとだめ」蛙をオランダ人美術家フロレンティン・ホフマンさんがデザインした。で、そのダックから蛙に変わったことはその後、安藤氏とふれていないと落ちが…

南光さんの話術が巧みなのは勿論です。蓑氏も大変魅力ある経歴の持ち主です。
南光さんの好きな壁画(マーク・ロスコ)を観に川村記念美術館を訪れてみようと思います。
南光さんと原田マハさんは知り合いらしいです。

マーク・ロスコ氏の壁画はあなたは、誰かの大切な人」の表紙です。
マーク・ロスコ氏のことは館長さんも話されてました。若い頃の作品はもっと明るく
晩年の作品は黒に近い。シカゴ美術館にあると言っていたと?

Dsc_1774

上が現在の美術館に上にいるカエル
それを下のダックに入れ替えて想像して見て下さい。

私、けっこう好きだけど。
(今年年度は兵庫県立美術館の会員になっています。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫にご縁が。

今日は何日でした?

7月すっ飛ぶのように過ぎて行きます。

どちらかと言うと、犬派よりも猫派かなぁ?
と言うよりか、私が猫ぽぃかなぁ。

で、見に行ってきました。
「キャッツ」

Dsc_3395

実に猫の様子が研究されています。
演じる劇団員のスタイルが抜群です。
踊りも歌も魅了されます。
再演が待たれたのもわかります。

そして、こちらも猫です。
「俺たちの国芳 わたしの国貞」を神戸博物館で観覧してきました。
色たちが物言う。特に藍の色が際立っています。
以前の北斎も管理が保存がいいのか、色が素敵でした。
ボストン美術館所有、感謝ですボストン美術館に。

国芳の猫がいいです。

Dsc_3410

ガチャガチャで出てきた、猫の骸骨です。
猫、何匹で作られているのでしょう。

この間の写真のように猫って固まるのですよね。
一人(一匹)が好きなのに、固まるのでしょうね。

国貞の描く猫は、艶ぽぃ、色ぽぃ。
描かれている女絵と対等です。
犬では、描けないでしょう。

「キャッツ」も猫だからいいのですね。
娼婦猫も登場しましたから

今年は猫にご縁を感じる
いやいや、私は幼頃から「ミケ」と呼ばれてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牡蠣工場

映画「牡蠣工場」を見てきました。

1928909_903352636443952_71866814769

私のFacebookから
牡蠣工場を見た感想=自然体の役者さん(ドキュメントやから)にはどんな俳優さんも勝てないやろうなぁ。
呟く言葉も、いやぁどんな脚本家も勝てないだろうなぁ
猫のシロも、めちゃ味を出してました。
140分が短かった。続きがあればいいのに。
いやな言葉にもふたをしないでカメラがまわっている。
ちょっとした世間話に世の中の真髄の言葉が映っている。
オリンピックって何故招致したのかなぁ?どう考えたって大震災の復興が優先やろう。
3K…その中で達成感ってめっちゃ感じるだろうなぁ、日本人ってもしかして、それ忘れちゃった。ちゃうなぁ上(政治家なんぞ)忘れているのかなぁ。
中国人の青年たち、めっちゃ素朴な人たちです。よく働きます。礼儀も知っています。横柄でらくだけを選んでいる日本の若者よりもずっと素敵でした。いや、日本人もありましたよね、その気持ち、いつから横柄な日本人になってきたのでしょうか?
なんて、私もつぶやいてみました。
ブリブリの牡蠣はめっちゃ食べたくなりました。
牛窓の、のどかな風景は心和らぎます。

私も優先順位、間違えているのかも…
今の時代を生きる。
何を大事にして、何を受け入れていって、自分が何をするか。
本を読むように見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛人形のたび

京都定期バスツアー「京の御節句とお雛様」に乘ってきました。

京都発ですから京都までは電車で
安藤人形店→京都国立博物館→西陣魚新(昼食)→宝鏡寺→俵屋吉富
行ったり来たりとバスは移動していました。

京雛は分業で作られそうです。
ここ安藤人形店は着付け師。
Dsc_2644
ドッキ!頭担当の店から頭だけ送られてくるらしい。

Dsc_2638

黄櫨染、親王の着られている衣の色
この色は親王だけ身につけられる。

でぇ~~

Dsc_2636

Dsc_2637

長寿雛とうって、紅(還暦)紫(白寿だったかなぁ)黄色(古希)ベイジュ(米寿)
じっと、見ていると…「まだ生きるから」と言っているような…

Dsc_2643

黒も高貴な者が着られる色
やはり、子の誕生を祝って飾られる御雛様がいいです。

Dsc_2648

西陣から京都駅近くに戻り、京都国立博物館
雛人形コレクションが展示されています。
他の展示も見たいが「お雛様」を見る時間だけ…

バスを駐車した「三十三間堂」、私はここへ行きたい。と

Dsc_2651

昼食は「魚新」 冷たいご飯は寂しいね…
お隣さんは「海老」が入っていないと・・・・

Dsc_2653

宝鏡寺(人形の寺)この時期だけ拝観できるようです。
一番気になったのはお庭の苔。

Dsc_2659

最後は「ひちぎり」を頂いて。
まぁ~~それなりの旅かなぁ。

見たいものを探し、その場所を探し、たまに脱線。
そんな旅の方が面白いかなぁ。

説明は好きです。
娘を散らしますと言う意味で「散らし寿司」を作るそうです。
決して巻きずしにしてはいけません。家に取り込んでしまうそうです。

バスガイドさんも好きです。

京都には久しぶりで訪れました。
また、訪れたいと、思わせてくれた旅でもありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エキスポシティーニフレルに行く

万博公園のすぐそばにできた大規模商業施設エキスポシティー

その中に「ニフレル」(読んで字のごとし「に触れる」)に行く。
そりゃぁ~~車だね。
電車だとぐるりと遠回り。
でぇ、太陽のまぶしさで見えなくなる現象がある眼、白内障ってやつで
高速道路を走ることに…
まぁ~~~車の動きはわかるが標識は見事に見えん!
あっ、逆走することはないと思う。
吹田インターで降りると、すぐやった。
以前、大阪の皮膚科に行くのに走っていました。(今は安全のため電車で行ってます。)

ニフレル!めちゃテンション上がる。

Dsc_2484

真っ赤な海老。一番最初にこれ!テンションここから上がった!

Dsc_2485

Dsc_2490

Dsc_2491

Dsc_2493

幼いヒラメ(かれい?)真っ白で寝てる。

Dsc_2495

Dsc_2505

Dsc_2517

どっと柄のエイ?

Dsc_2518

敷物のようなエイ?

Dsc_2526

ワニの寝顔

Dsc_2527

寝るzzzzカバくん

Dsc_2528

の尻「かわいい~~~」

Dsc_2536

寝てたのに真上を歩き回る白虎(めっちゃカッコいい)

Dsc_2540

鳥コーナにいる、放し飼いのフクロウ君(めっちゃ小さいよ)

テンション上がりっぱなしで、いろいろなもの に触れました。

の後はウィンドーショッピング(自慢じゃないが、買わんなぁ何も)
でぇ~~~その後は、早めの夕飯

Dsc_2544

Dsc_2545

友がケンタッキーのチキンを食べたいと。
私たちケンタッキーに入るの十数年ぶりではと言う感じ
ここの店、メニューはバイキングの食べ放題しかない。
食べたが・・・チキンは2つ食べるのが精一杯…
ケーキとコーヒが美味しくって満足!

さぁ~~帰るべェ~~~
夜は太陽ないし、見やすいかなぁ…
いえいえ…自動車のライトがブレーキ―ランプがめっちゃ眩しい
渋滞の波に入りながら…高速道路に乘り、無事ご帰還
よかった~~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森美術館

村上隆の五百羅漢図展、Facebookで「いいね」を押したら

娘も「いいね」を押していた。
孫たちもテレビで見て行きたいと。

混むぞ!
土曜日の朝一で、旦那はんは二日酔いで留守番。
六本木の駅で降りたのは何時だったかなぁ?
六本木ヒルズなんて勿論なかった。

すごっ!と思う、かなりのお上りさん状態

Dsc_2292

って、横になってもうた…
ここの52階だったかなぁ
フェルメールもやってる。(見たいなぁ無理やなぁ)

「五百羅漢図」は写真を撮るのも自由

Dsc_2304

これは「獏」
白虎、玄武、朱雀、青龍とそれぞれ四つ図で描かれている。

HPを見ると面白いと思います。
ここ→http://www.mori.art.museum/contents/tm500/

ここ→五百羅漢図パノラマ

孫たちには、ガイド機器を借りた。
静かに聞き入る。面白いのかなぁガイド

Dsc_2325

Dsc_2330

私はお姉ちゃん孫と娘は妹孫と。
係りの人に手をつなぐように言われたが
食い入るように、見ている姿はその後注意はなかった。

この絵図を紐解いて行くのが楽しそうである。
羅漢様の名前を覚えたが…

フェルメールは「水差しを持つ女」だったかなぁ
京都から巡回してきたのかなぁ。3月31日までらしい。

東京ミッドタウンにも寄ってみた。
サントリー美術館がある。
「水の神秘のかたち」もよさげです。
見るのは無理です。

ぐるっとパス(2015)このチケット買うと美術館巡りできる。
1月31日まで購入。
3月31日まで使える。
2016年版で考えようか。

帰りの日の水曜日に東京国立博物館特別展「始皇帝と大兵馬俑」
行こうと思ったが新幹線、雪で遅れていると言うのでやめました。

森美術館、満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動のつもりが…

我が家から有馬温泉まで歩いて30分

程よい運動になる。

今日はお昼にそばを食べようと。
ちゃんとネットで調べて、水曜日休み「よし」

温泉神社と温泉寺にお参り

12507321_869201566525726_6998042955

12509447_869201613192388_9608534221

「休みじゃない・・」と友が言う
「ホンマやぁ…」
正月休みが今日まで(あっちゃ!)

では、この間行ったところにビールを飲みに行こう。
昼からボリューム満点のハンバーグ、チキンのミックス定食を食べ。
もちろん、ビールを一杯。

おまけに

3929_869201643192385_69891217215734

こちらを食べて「美味しかったです。」

1時間歩いても、全部身になったでしょう。
またそば食べに来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美術館に行こう

陶の里に行って、陶芸をするのが恒例になっている正月、お盆
いつもは孫の助手をするのだが、今回は隣にある陶芸美術館に行く。

テーマは「再、丹波冬」 
この陶芸美術館ができて10年になるのかと。
今田町、丹波焼の窯元にできた美術館はとっても素敵で
初めて来たときは感動したのを覚えています。ここです。
何回となく訪れています。

1496678_867332790045937_29100678034

735136_867332810045935_215509093077

これは展示されているレプリカですけど。
180年前の登り窯が修復されて、2015年の11月に火入れがあったそうです。
修復前の登り窯は見ましたが、今度、陶祭りの日に見に行こう。
一人で、のんびり美術館、ゆっくり見ることができます。
市野正彦氏の作品も見事です。
ここ今田町の窯元の名前、市野さんが多いです。
私の好きな窯元さんも市野さんです。
孫に「一人でできる?」(あっ我が家の娘母ちゃん、自分の作品作りで手一杯で子供の事は全然見ることはありません。だんなさんもいますが、もう一人妹がいるので。)
「できるよ、ばあちゃん」大丈夫そうです。
孫も大丈夫なのですが、私もも大丈夫になってきた。
今までは、孫のそばで一緒に作っているが楽しかったのです。
勿論、孫と一緒に何かするのは大好きです。
でもちょっと、孫離れって言うのかなぁ。
私も成長し、孫たちも成長し
付き合い方がだんだん変わっていくのでしょう。

今年は沢山美術館行きたいです。
孫も沢山美術館に連れて行きたいです。
カテゴリーも作りました。「美術館」

| | コメント (4) | トラックバック (0)